従軍慰安婦問題 韓国外相「もう少しで結果報告」(NHK)
韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は23日、日本との間で最大の懸案となっているいわゆる従軍慰安婦の問題について、「もう少し待ってもらえれば、結果を報告する時が来るだろう」と述べ、問題の早期解決に向けて楽観的な見方を示しました。

いわゆる従軍慰安婦の問題を巡っては、先月の安倍総理大臣と韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領との首脳会談で、早期の妥結を目指し、協議を加速させることで一致し、両国の外務省の局長級による協議が続けられています。

これについて韓国のユン・ビョンセ外相は23日、ソウルで開かれた公開討論会で、「両国の指導者が合意したように、この問題を解決、妥結できるよう最善の努力を尽くす覚悟だ。両国がある程度妥協できるような解決策を作るため、さまざまな次元で努力している」と述べ、交渉が重要な局面に入っているとの認識を示しました。そのうえでユン外相は「もう少し待ってもらえれば、結果を報告する時が来るだろう」と述べ、問題の早期解決に向けて楽観的な見方を示しました。
(引用ここまで)

 韓国国内での発言であって、なんら具体的な話に言及していませんね。
 発言している人物は異なるのですが、中味はまるっきりパク・クネの訪米前インタビューと同じです。
 「解決に向かっている。最終段階にある」と。
 こうやって発言しているという「実績」を積み上げることで、日本に対して圧力を加えようということなのですけども。
 「もうすでにこういう話をしてしまったので解決してくれなければ困る」だのなんだの言ってくるのですよ。

 でも、それは前世紀や民主党政権下でしか通用しなかった話なのですよね。
 もはや日本国民の多くが「韓国の意図に従った解決はありえない」という考えになっている現状では意味がない。
 ま、それでも「韓国との諍いを解決しなければ」という勢力は一定数いるので。政治家でも官僚でも。
 常に気をつけなければいけない部分ではありますね。

外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた
ヘンリー・S・ストークス
悟空出版
2015-09-11