国産戦闘機開発が本格化 25年までに試作機6機=韓国(聯合ニュース)
防衛事業庁「リスク解消」に対応...KF-X事業進行へ(文化日報/朝鮮語)
韓国防衛事業庁の関係者は24日、国産戦闘機(KFX)開発に関する本契約を28日ごろ航空機メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)と締結すると明らかにした。開発完了目標の2025年までに試作機6機を製作することなどが盛り込まれるという。

 KFX事業をめぐっては、KAIが先月22日、インドネシアが開発費の20%を負担することを骨子とする仮契約を同国と締結した。

 米国側が今月初め、KFXに搭載する21の先端技術について「大枠で」韓国への移転を承認したことを受け、防衛事業庁は開発を総括する事業団の発足に向けた法的手続きに入るなど事業を加速させている。

 ただ、「大枠で」というあいまいな言い方になっていることから、開発中に技術移転がスムーズにいかない可能性も考えられる。

 防衛事業庁の関係者はこれについて、「KFXの設計が具体化するのに従い、韓国側が要求する細部の技術項目も変わり得るため、余地を残したもの。21の技術は問題なく移転を受けられる」と話している。
(引用ここまで)
韓国型戦闘機(KF-X)事業が24日重大な峠を越えることになった。 2025年までに試作機6台を開発するシステムの開発事業者に選定された韓国航空宇宙産業(KAI)と、事業管理を引き受けた防衛事業庁が紆余曲折の末、28日にシステム開発の本契約を締結することに合意したためである。年内にシステム開発本契約ができなかった場合には、事業団発足も迷宮に陥って事業の見通しが極めて不透明になることが懸念されてきた。

KAIと防衛事業庁、国防科学研究所(ADD)による3者の水面下における交渉の末、ようやく劇的な合意を引き出したと伝えられた。 KF-X事業団が2016年初めに立ち上げに伴い、事業の推進には弾力性が付くようになった。本契約の締結の劇的合意は、防衛事業庁がKAI理事会で要求された開発リスクの解消策をほとんど受け入れたからである。大株主である産業銀行などKAI理事会は、これまでのシステム開発プロセスで発生する可能性のある△投資返還対策△資金調達方案△KAIの責任によらない遅滞発生時遅滞金免責など追加対策を方案を要求しており、防衛事業庁がこれらをほとんど受け入れたことが分かった。これまでKAI理事会は、防衛事業庁が要求された複数の位相配列(AESA)レーダーなど4つの主要な技術移転が米国側によって拒否されたのに続いて、残りの21個の技術移転さえ支障が来たす場合、2025年までに事業の正常進行が難しいと見て防衛事業庁にリスク低減対策を要求してきた。

事業団が発足すると、今後、米国から技術移転を受けられなかった戦闘機の形状最適化技術などと関連し、総合対策を樹立した後、独自開発または第3国を通じた技術協力方案などを推進するものと思われる。具体的に追加交渉などを通じた技術移転交渉を行ったり、独自の開発などを通じて試作機を2025年に開発するための責任は、防衛事業庁からKAIと事業団の合同のものとなる。
(引用ここまで)

 いまだに2025年までに6機の試作機を製作(うち1機はインドネシアに移譲)して、2032年には戦力化というスケジュールを崩していないのですね。
 剛毅だなぁ……。

 古今東西、さまざまな企業がさまざまな戦闘機を開発してきましたが、これまで実績がゼロの国がいきなりマルチロール戦闘機を製造するのに試作機まで10年。戦力化まで17年。
 すごいですよね、これ。ギネスブックに掲載できるくらいの速さです。
 グリペンは契約締結から5年で試作機ができていますが、サーブには第二次世界大戦中から戦闘機製造をしてきたという実績がありますし。
 あの「さいきょうのせんとうき」を開発経験ゼロの国が作るんですからねぇ……。

 それと事業主体であるKAIへの巨額遅延違約金は免除されるとのことです。遅延がKAIの責任でないときのみですが。
 それってどうやって認定するんでしょうね?
 遅延した場合に……というか、確実に上記のスケジュールを遅延するのですが、ここからこっちはKAIの責任でここからこっちは○○の責任っていうように腑分けするわけですよね。
 無理じゃない?