元慰安婦支援へ新基金提案=「最終決着」第三国交え確認も−28日に日韓外相会談(時事通信)
元慰安婦支援で日韓“折半”出資案が浮上 韓国の蒸し返しを封じる狙い(産経新聞)
慰安婦:「韓国はゴールを動かす」 日本の主張に対する韓国政府の反論(朝鮮日報)

 日韓両政府は25日、岸田文雄外相が28日に日帰りで韓国を訪問し、尹炳世外相と会談すると発表した。いわゆる従軍慰安婦問題の妥結に向け、日本政府は元慰安婦に対する人道支援を拡充するため、1億円超の新たな基金創設を提案する方向で調整に入った。外相間で「最終決着」について合意した場合、日本側は両首脳が第三国を交えて合意を確認する案も検討している。(中略)

 「最終決着」を担保するため、日本政府は、国際会議などの機会を利用して首相と朴槿恵大統領が合意内容を公式に確認することを検討。第三国立ち会いの下で確認することで、韓国側が再び政治問題化するのを防ぐ効果を期待している。
(引用ここまで)
 岸田文雄外相は25日、慰安婦問題の早期妥結に向け、ソウルで28日に韓国の尹炳世外相と会談すると発表した。会談で日本側が提案する方針の元慰安婦への支援拡充をめぐり、日本政府内に韓国側にも支出を求める「共同出資」案が浮上していることが25日、分かった。韓国側を関与させることで問題の蒸し返しを抑える狙いがある。ただ、支援金には日本国内での反発も予想され、妥結の行方は見通せていない。

 岸田外相は25日、外務省で記者団に「慰安婦問題は非常に難しい問題だが、何ができるか自分としてもギリギリの調整を行いたい」と意気込みを述べた。日本側は慰安婦問題を二度と蒸し返さないことなど、最終的に妥結した場合、その内容の文書化を求める方針。岸田氏は協議の進行次第では会談中止も辞さない構えだという。
(引用ここまで)

 なるほどなぁ……。
 日本側の狙いがちょっと見えてきた感じがします。
 慰安婦問題の枠組みを変える……というか、ずらそうとしているのですね。
 日韓だけの問題ではなく、解決を他の国にも見せようとしている。

 「これが最終解決である」という部分で抜けられないように何重にも鎖をかけようとしていると。
 これまで世界遺産騒動にしろ、河野談話にしろ、いろいろと騙されてきたわけですよ。
 「こうしてくれればもう慰安婦問題は取り上げない」だの「世界遺産登録に両国が協力する」だの。
 さすがに対応策を講じるようになりましたね。

 特に第三国を巻きこむのはいいなぁ。
 これまで対日本だけであったから、何度も何度も横紙破りをしてきたのですよ。
 それを第三国を巻きこむことで、今度はその国のメンツをも潰すことになる。
 悪くないですね。
 政治的な蒸し返しを防ぐのであればこれはいい手段。

 外交的センスが相当に問われるシーンですが、面白い展開だと思いますね。
 慰安婦問題で攻める日本と、受けに廻らざるをえない韓国。
 しかも、最悪でも「じゃあ、この交渉やめね」って言える権利がある。
 ちょっと面白い。このまま見守りたいところですかね。

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)