慰安婦問題で日韓、米国で会談案(共同通信)
 日韓両政府が決着を目指す従軍慰安婦問題について、28日の外相会談で合意した場合、来年3月に米国での国際会議に合わせて首脳会談を行い、最終決着を確認した上で共同文書を発表する案が浮上していることが26日分かった。元慰安婦の生活を支援する新基金について、日韓出資の共同基金とする方向で調整が進む一方、韓国側が日本側に10億円以上の拠出を求めていることも判明。日本が検討する1億円超とは大幅に隔たりがあり、27日の外務省局長協議で増額が可能か探る。

 安倍首相と朴統領の米国での首脳会談は、米政府に歓迎の声明を出してもらうことで最終決着を担保する狙いがある。
(引用ここまで)

 うわ、もう雁字搦め。
 共同文書発表で、かつアメリカで首脳会談。もちろん、アメリカからも声明を出してもらう。
 国際社会に「これで完全に日韓の問題は終結した」という認め印をアメリカからももらうわけです。
 これで蒸し返すようならアメリカのメンツを潰すことに直結するのですね。もちろん、国際社会からも嘲笑されるでしょう。

 これ、慰安婦問題をアメリカが担保する……というよりも中国寄りになっている韓国を封じ込めている部分もありますね。
 韓国はこれまで「米韓間で懸案があるのは日本が歴史認識を正していないからだ」という言い訳にならない言い訳をし続けてきたのです。
 アメリカはそんな韓国にいらいらし続けて、今年からついにシャーマン発言から一連の韓国を見放すような態度に転じてきたのは記憶に新しいところ。
 そんな日本が歴史認識について韓国と共同声明を出すことになった。アメリカもその場に立ち会った。
 あとは……分かっているなよな、と。

 挺対協の反対声明もあるので無理だと思うのですが。
 これまで大統領として結果らしい結果をなにひとつとして出していないパク・クネが功名心に駆られている場合はちょっと事情が異なってくるかも知れませんね。

 日本にしてみたら決裂しても提唱したのは日本で、拒否したのは韓国という話にできる。
 共同声明が出せたら出せたでそれもよし。
 アメリカはこれまで白黒をはっきりさせてこなかった韓国の態度を糾弾できるようになる。
 決裂しても「なんで日本の提唱に乗らなかったんだ。歴史認識云々なんてのはウソだろ」って言える。
 ……これ最初からアメリカと日本が絵を描いていたっていうのは考えすぎかなぁ。

2020年世界はこうなる