米、日韓関係改善を強く後押し(毎日新聞)
ケリー米国務長官は28日、慰安婦問題の最終決着に向けた日韓両政府の合意について「米国の最も重要な同盟国である日韓両国の和解を促し、改善につながると信じている」と歓迎する声明を出した。ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も同趣旨の声明を出し、米国が合意の履行と両国の関係改善を強く後押しする立場を明確にした。

 ケリー氏は声明で「米国は日韓両政府が慰安婦問題という敏感な歴史問題で合意に至ったことを歓迎する」と評価した。さらに「国際社会に対し、今回の合意を支持するよう呼びかける」とした。

 オバマ政権は、日韓関係の悪化が日米韓の連携を軸とする東アジア戦略をほころばせかねないとして、両国首脳らに関係改善を促してきた。ケリー氏は「米国は日韓両国と地域および地球規模の課題で引き続き協力し続けることを楽しみにしている」と強調した。

 また、ライス氏も声明で「今回の合意と合意の完全な履行を支持する」と表明し、国際社会に歓迎されるべきものだとの認識を示した。

 米国の2人の政府高官が声明を出し、いずれも「国際社会の支持」にも言及したのは、日韓関係改善への期待感を示すとともに、合意が覆されることなく履行されるように外堀を埋める狙いがある。同時に、米国内で起きている韓国系米国人らによる慰安婦碑や慰安婦像の設置などの動きを沈静化させたいという思惑もにじむ。
(引用ここまで)

 そりゃま、そうですね。
 今回の日韓間の慰安婦問題合意はアメリカから圧力があって、かつ日本がそれに乗って共同で絵を描いたところに韓国(というかパク・クネ)が乗っかったというところでしょう。
 中国の経済減速にともなって、中国への輸出一辺倒であった韓国経済は来年以降が相当に苦しいという判断じゃないですかね。
 韓国政府は「3%以上の成長」なんて話をしていますが、それが実際にはどうかという事実が大統領府には入っているのでしょう。

 んで、残された選択肢として経済復興を果たしつつあるアメリカ側に乗りたい……ということなのでしょう。
 日米と通貨スワップ協定を結べるかどうかはまだ怪しいですけどね。
 特に日韓通貨スワップ協定に関しては日本は何度も「韓国からの依頼があればまた考える」という立場を堅持しています。
 そこに土下座のようにして頼みこむことができるのか。
 まあ、どうしようもなくなったらせざるをえないのでしょうけども。
 日本もそんなにメンツを潰すことなく扱うかもしれませんね。官房長官会見では質問があれば「韓国から依頼があったので」みらいに言ってしまうかもしれませんが。

 ただ、それでもハードランディング確定であったものを、ソフトランディングにできるかどうか。
 特に「今回」に予想されているのはあくまでも外貨枯渇ではなくて、韓国の国内事情からの連鎖衰退なので日米ともに手の出しようがないのです。
 構造的な衰退なのでどうしようもないというべきか。

 まさに「金がないのは首がないのと同じ」ってヤツです。