【社説】借金1000兆ウォン超、「負債共和国」韓国(中央日報)
政府と公企業の負債をすべて合わせた公共部門の負債が今年初めて1000兆ウォン(約100兆円)を超える見込みだ。企画財政部によると、公共部門の負債は昨年末957兆3000億ウォンと、前年比で6.5%(58兆6000億ウォン)増えた。国内総生産(GDP)に対する負債比率は1.6ポイント上がり64.5%になった。国民1人あたり1891万ウォンずつ負担しなければならない規模だ。今年増えた国債発行額(50兆1000億ウォン)を勘案すると、1000兆ウォン超は確実だ。さらに企業の負債が1300兆ウォン、家計の負債が1166兆ウォンだ。経済3主体が抱える負債が3500兆ウォンと、GDPの286%にのぼる。

さらに目を引く点は増加の速度だ。集計を始めた2011年の公共部門の負債総額は753兆ウォンだったが、3年で204兆ウォンも増えた。特に中央政府の負債が毎年2けた近い増加率となっている。1997年にGDPの11.9%だった中央政府の債務規模は来年40%以上となる。家計の負債と企業の負債も家賃上昇や不況などのため毎年10%程度増えている。「負債共和国」との表現がふさわしいほどだ。

韓国経済はすでに低成長に入り込んでいる。少子高齢化の中で福祉を拡大しなければならないジレンマに陥っている。限られた財源の投入をできる限り抑えて効率性を高めても足りない状況だ。それでも政府は「大丈夫だ」という言葉を繰り返している。先進国に比べて韓国の財政はまだ良好であり、家計の負債もまだ耐えられると主張する。そして来年も不動産市場活性化と財政拡大による景気浮揚を継続する態勢だ。

しかしこうした政策が「薬」になっているという証拠はない。負債の拡大が持続的な経済成長や潜在成長率につながっているという兆候も表れていない。未来世代が担う負債ばかり積み上がっているだけだ。危機に対応する経済体質も弱まっている。「借金を勧める政府」の認識転換が切実に求められる。
(引用ここまで)

 公的負債、家計負債、企業負債を合わせるとGDP比286%。
 来年は300%突破が間違いなしってところですかね。公的負債のアホみたいな増加具合はイ・ミョンバクの遺産である資源外交が主因かなと思われます。

 さて、少子高齢化がスタートすると(どこをスタートと認定するか、というのは諸説ありますが)、財政のワニの口が開いてしまうのですよね。国庫への収入は変わらないか低下するのに、支出だけが上がっていく。
 韓国は典型的な低負担低福祉の国であり、S&Pやムーディーズが国債の格付けを上げたように、政府の負債はまだまだ余裕があるのですよ。

 1980年代のアメリカで「双子の赤字」という言葉が流行したのですが、この「双子」は貿易赤字と財政赤字が同時進行していったさまを指しています。
 レーガン大統領が「双子の赤字についてどう考えますか?」と問われて「彼らも充分に育って独り立ちできるだろう」って返した逸話がありますね。
 それを考えるとまだ財政赤字はよちよち歩き。
 貿易黒字は膨大なものとなっているので問題ありません。ま、その代わりに民間の家計負債と企業負債のバランスシートは真っ赤かなのですが。

 来年の韓国経済で最大の問題はデフレとの戦いです。
 ディスインフレからデフレに局面が変わると、商品の価値が下落して現金の価値が上昇します。簡単に言えば100円でより多くのものが買えるわけです。そして、それは負債の額が変わらなくても(実際にはそんなことはないのですが)、実質的な負担が増えることにつながります。

 国家債務の問題が出てハードランディングだったのがIMF管理下に置かれた1997年。ソフトランディングだったのがいわゆるリーマンショックの2008年。
 民間債務でそこそこソフトランディングだったのが2003年のカード大乱。
 さて、今度の民間債務による破綻はどうなるのか……といったところですかね。

 これがパク・クネ政権が日韓関係を正常化させざるを得なかった理由ではないかと思うのですが。

余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか