日本の10億円拠出「少女像移転が前提」 慰安婦問題(朝日新聞)
  ↓
「少女像移転が前提」との報道を「ねつ造」と批判=韓国当局者(聯合ニュース)
  ↓
日本政府当局者 「少女像移転が前提」報道を否定(聯合ニュース)
  ↓
10億円拠出、像撤去が前提=元慰安婦支援で安倍首相意向(時事通信)
韓国政府当局者は30日、旧日本軍の慰安婦問題をめぐり、韓国が設立する財団に日本が10億円を拠出する前にソウルの日本大使館前に設置されている少女像を撤去することに韓国が前向きな反応を示したとの日本メディアの報道について、「完全なねつ造」と強く批判した。

 少女像は慰安婦被害者を象徴するもので、2011年に設置され、日本側が撤去を求めてきた。

 同当局者は「会談や交渉で日本側がそうした主張をしたこともない」として、「話にならないとんでもない話」だと指摘した。その上で、「少女像(撤去)問題と10億円を拠出する問題を結びつけることがディール(取引)になると思うか」と反問した。
(引用ここまで)
  ↓
 元慰安婦支援で、韓国政府が設立する財団に日本政府が10億円を資金拠出することをめぐり、安倍晋三首相がソウルの日本大使館前の少女像撤去が前提との意向を示していることが31日、分かった。政府関係者が明らかにした。像撤去に先立って資金を拠出すれば、国内世論の反発が避けられないと判断しているためで、韓国政府の対応を注視する考えだ。(中略)

 日本側は一連の交渉で資金拠出について、「少女像撤去が前提」との方針を伝えているとみられる。これに関し、政府関係者は「像が撤去されない限り、資金は出さないというのが首相の意向だ」と指摘した。
 安倍政権としては、像撤去の見通しが立たないまま10億円を拠出すれば、首相の支持基盤である保守派などが反発しかねないとの懸念が強い。このため、当面、合意履行へ向けた朴槿恵政権の「努力」を見極めていく方針だ。
(引用ここまで)

 30日の朝刊で朝日新聞が「像撤去が10億円拠出の前提」だと報道。
 それを受けて韓国側が午前中に「捏造だ」と反発。
 さらに午後には「韓国側の言い分が正しい」という「日本政府当局者」が韓国メディアに出てきて。
 んでもって31日となる昨日には、時事通信が「やっぱり前提でした」と報道。

 うむ、分からん。
 これに関してはどちらかが確実に嘘をついているわけですよ。言い分が180度食い違っていますからね。
 と考えると、通常であれば韓国側が嘘をついていると判断するのですが。
 今回に関してはいまひとつ分からない。

 「解釈の違い」というものが一番ありそうですが。
 こういうのがあるから、きっちりと文書化しないとダメなのですよね。

 ただまぁ、これに関しては日本側が文書化しなかった点をついている可能性もあるのですよ。
 韓国が「像を移転も撤去もできません!」って言うのであれば、日本側は「じゃあ、拠出無理な」で終わる事柄として扱える。
 全世界的に見てもウィーン条約違反なものであることは一目瞭然なのですが……。

 ま、実際どうなるかはまだ不明。
 安倍総理の肉声で言っていればまた変わるのでしょうが。

 スクープ合戦になりつつあるので、どうなっているのかという経緯をチェックすることが必要ですね。
 これからもフォロー記事は続ける必要がありそうです。