「華城ユニバーサルスタジオ」合意なしに発表した水資源公社(中央日報/朝鮮語)
韓国水資源公社が京畿道華城に米国ユニバーサル・スタジオを誘致することにした事業が開始前から早くも暗礁に乗り上げた。水資源公社が米国ユニバーサル本社との合意もされていない状態で発表して、ユニバーサル側が公式抗議したことが確認された。水資源公社は、昨年12月22日5兆ウォンが投入される国際テーマパーク複合開発事業のための優先交渉対象者にユニバーサル・スタジオ・コリア(USK)コンソーシアムを選定したと発表した。

当時水資源公社は、記者説明会を開いて「国際テーマパークが2020年にオープンすれば、韓国は世界で5番目に、ユニバーサル・スタジオを誘致する国になる」とし「グローバルテーマパークのブランドであるユニバーサル・スタジオと韓流テーマセンターを設置し、滞在型複合リゾートにする計画である」と明らかにした。チェ・ギェウン水資源公社社長は、ユニバーサル・スタジオがどのていど関与するかという質問に「ユニバーサル・スタジオ自身が参加意向書を提出した」とし「優先交渉対象者に選定されただけに、今後の本格的な交渉をする」と答えた。チェ社長は2014年10月に米国を訪問し、ユニバーサル・スタジオのマイケル・シルバー社長と面談した。

 しかし、LA中央日報が昨年12月30日(現地時間)、米国ユニバーサル本社に問い合わせた結果、この発表内容は事実と異なることが分かった。ユニバーサル側は「我々は(水資源公社)プロジェクトに参加していない」とし「水資源公社とどのようなビジネス上の関係も結んでいない」と明らかにした。水資源公社が優先交渉対象者に選定したUSKコンソーシアムには、中国最大の国営建設会社である中国建築古墳有限公司(CSCEC)▶中国最大の国営旅行会社香港中国旅行有限公司(CTS)▶大宇建設などが参加している。コンソーシアムを主導する企業は、ユニバーサル・スタジオ・コリアプロパティホールディングス(USKPH)だ。

 本紙確認結果USKPHは、かつてユニバーサルの韓国内公式代理店だったが、2012年以降は契約解約されている。 USKPHは、米国ユニバーサルと韓国内のテーマパーク建設と関連協議をしているが、まだ米国本社と正式ライセンス契約はしていない状態だ。

 しかし、事業は正常に推進することがあるという立場である。ガン・ソングィ水資源公社のテーマパーク事業団長は「USKPHが華城国際テーマパーク事業に関心がある米国ユニバーサル本社の意向を持ってきて、これを根拠に発表したもの」とし「水資源公社と京畿道、USKPHが米国ユニバーサルと続け接触している」と述べた。水資源公社内部では、米国のユニバーサル本社の歩みが事業で主導権を握るための戦略ではないかという見方もある。

 しかし、ユニバーサルのテーマパーク事業に精通した関係者は、「ユニバーサルが韓国内のテーマパークの建設に関心があるのは事実だが、対象を京畿道華城だけには限定せずにいる」とし「韓国の他の投資家とも交渉中と聞いている」と述べた。彼は「ユニバーサルは韓国内のテーマパーク事業に確実な利益を確保してくれる投資家と事業地を探しているだけ」とし「水資源公社は、このようなユニバーサルの意中を知らないまま、あまりにも先に行ってブレーキがかかったようだ」と指摘した。
(引用ここまで)

 2014年に水資源公社からの土地の調達価格が高すぎるということで、ユニバーサルスタジオコリアの計画が白紙撤回されました。
 んで、なんでそこまで高値で売ることにこだわったかというと、イ・ミョンバクの4大河川整備事業で多大な負債を抱え込んだからなのですね。
 白紙撤回になったものの、記事によるとそれ以降も交渉自体はしていたと。

 でもって、去年の年末に華々しくリリースが発表されて「ついにユニバーサルスタジオコリアができます!」となったわけですよ。
 当時、他にもいろいろニュースがあったのでスルーしていたのですが、「あんだけもめておいていまさらユニバーサルスタジオが首を縦に振るもんかなぁ……」と思ってはいたのですよ。
 案の定でした。

 一応、まだ交渉はしているということなので、これが正式発表される可能性はなくはないとのことなのですが。
 なぜそんな先走った発表をしてしまうのかというと、もちろん「こうやって発表してしまえば先方も断りにくいだろう」という韓国伝統の考えかたがあるからなのですね。
 たとえばフェス開催に際してポスター等に勝手にアーティストの名前を載せちゃって「こうやって名前を載せたので、来ないとこちらのメンツが潰れるぞ!」っていうやりかたをするのです。
 韓国ではメンツを異様に大事にするので、それで折れることも少なくないのですね。
 でも、そのやりかたを海外でも同じように通用するものだと思ってやってくるのです。

 大統領府が「エリクソンが韓国に1500億円規模の投資をするぞ!」とか発表しちゃう。完全な嘘。
 「日本は韓国に文化財を返還した」と外交通商部が発表しちゃう。これも嘘。
 なので、韓国からはプレスリリースが出てもまだ信用できないということが多々あるのです。

 でもって、今回もまったくそのパターンであったと。
 こういうのを「交渉術」であると勘違いしている人間っていうのは少なからずいますが、それが政府とか公社がやるんだから救いようがないのですよね……。
 国の基本単位から嘘なのですから。