海軍の宿願「韓国型原子力潜水艦」への第一歩踏み出した(SBS/朝鮮語)
原子力潜水艦、戦力劣勢からの突破口……米国が変数(SBS/朝鮮語)
<アンカー>
kss3_01
韓国軍が国産3千トン級潜水艦を建造するための事業団を発足させました。原子力推進潜水艦の開発を念頭に置いたものと知られています。
キム・アヨン記者が報道します。

<記者>
韓国型潜水艦3千トン張保皐III級を開発するための次期潜水艦事業団が発足しました。
kss3_02

防衛事業庁長直属で海軍准将を団長とした潜水艦の専門家など40人余りで構成されました。
過去2014年11月に大宇海洋造船が建造を開始した3千トン級潜水艦張保皐III級9隻の設計と建造を引き受けることになります。

kss3_03
ギムシチョル/防衛事業庁のスポークスマン「次世代潜水艦の開発のために防衛事業庁長直属の次世代潜水艦事業団が2016年1月1日付で新設されました」

3千トン級潜水艦は、今の海軍主力である1800トンクラスに比べて潜航能力と作戦半径で二倍以上も優れています。

kss3_04

射程1千km以上の水対地ミサイルを海中に隠れたままで発射することができる垂直発射台10基を搭載して敵のレーダーと衛星監視を避けることができます。

1番艦は2018年に建造開始され、2020年に実戦配備されます。
2、3番艦も2020年代初頭に戦力化を終える計画です。
そして3番艦までディーゼル推進潜水艦と決定しているのですが、4番艦から9番艦の動力システムはまだ決定していません。

kss3_05

軍の宿願事業で選ばれてきた原子力推進潜水艦の開発を念頭に置いているのでしょう。 2003年、海軍には362事業団という原子力潜水艦の開発のための秘密組織が設置されたが、周辺国の反発に押され、1年後には解体されました。
(引用ここまで)
<アンカー>
kss3_06

では、なぜ原子力潜水艦が必要となるのでしょうか? 韓国海軍が保有している潜水艦はすべてディーゼル推進方式です。ディーゼル潜水艦は3〜4日に1回、海上に浮上しなければなりません。この時、敵の探知網に簡単に捕捉されてしまいます。一方、原子力潜水艦は原子力を利用するので、一ヶ月以上海に隠れて作戦を展開することができます。私たちよりも優れている北朝鮮潜水艦戦力に対抗するためには、この原子力潜水艦が必ず必要です。
キム・テフン記者が報道します。

<記者>
昨年8月、北朝鮮の潜水艦50隻が一度に基地から消えると、韓米軍当局は驚愕しました。
海の中に隠れてしまった潜水艦を見つける術がなかったからです。

kss3_07

北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイルと新型潜水艦砲級も2〜3年以内に実戦配置する見通しです。
中国は核ミサイルを装着した戦略原子力潜水艦だけでも4隻を保有しています。

kss3_08

ロシアは太平洋、北に最新型の​​戦略原子力潜水艦を続々配置しており、世界最大のディーゼル潜水艦保有国日本は、原子力潜水艦を建造する準備を完了しました。

このような状況を勘案すれば、韓国海軍が原子力潜水艦を持つ名分は十分です。
昨年、韓米原子力協定が改正され、原子力潜水艦の動力源として使うことができる20%未満の濃縮ウランを生産する道も開かれました。

kss3_09

ムングン式/前原子力潜水艦事業団長「国家意志があれば(濃縮ウランを)どの用途にも使用することができていると判断しています。 (濃縮ウランを)推進システムでのみ使用する場合は、核兵器を作るという誤解を払拭することができます」

韓国海軍は既に旧ソ連の原子力潜水艦の建造業者から潜水艦用原子炉の技術も受け入れているのです。
しかし、原子力協定の改正すらも42年間かけてようやく同意した米国が、韓国の原子力潜水艦の建造にどのように反応するかが変数になると思われます。
kss3_10
(引用ここまで)

 来ましたね。
 空の主役がKF-Xであれば、海の主役はまさにこのチャンボゴIII級。以前からKSS-IIIという名称でも知られていましたが、これから知っておくべき用語としてピックアップさせていただきましたよ。

 以前に取得したKSS-Iこと209型のチャン・ボゴ級が旧式化しており、それを代替する形で戦力化するとのこと。
 2018年には建造開始、2020年に戦力化。
 すでに一昨年の時点で設計はスタートしていたそうです。1番艦の担当は大宇造船海洋。
 214型の取得は2018年で9番艦までが終了して、その後継となる……という形ですね。

 記事中では「旧ソ連から潜水艦用原子炉の技術を移転している」とありますが、実はこれはソ連崩壊にともなってドサクサでロシアから流出してしまったものらしく。
 一時期、韓国軍がロシア製兵器を運用していたことがあったのですが、その一環で導入されたものらしいのですね。原子炉の現物も入手しているとされています。
 1980年代にすでに運用されていたものなのではないかと推測されているのですが。チャーリー級か、はたまたその前のエコー級か。大きさ的にはチャーリー1級がぴったりくる感じですけどね。

 そして計画では9隻の製造となっていて、そのうちの1-3番艦までは通常動力で決定。214型と同系統のAIPを搭載して、2週間ていどの航続が可能と。
 で、4-9番艦の動力が未定。
 ここにその原子炉をぶち込むんじゃないかという話になっています。

 なっているんですが……そんな設計の共有とかできるんでしょうか?
 設計建造があの大宇造船海洋ということもあり、なかなかに注目です。まあ、214型のグダグダさからも「期待」してしまいますけどね。
 KSS-IIIは定期ウォッチ対象とします。

敵対水域―ソ連原潜浮上せず (文春文庫)
ピーター ハクソーゼン
文藝春秋
2000-10