【萬物相】韓国のパクリを嗤う日本に恥をかかせた「五輪ロゴ」(朝鮮日報)
 1970年代の韓国の人気ロボットアニメ「テコンV」大型フィギュアを守護の象徴として独島(日本名:竹島)船着場に設置しようという計画が発表されたのは3年前のことだった。すると、「『テコンV』は日本の『マジンガーZ』を盗作したものだ」と批判の声が上がった。その時、「テコンV」を作った監督が次のように言った。「当時は小雨で服がぬれるように日本文化の影響を受けざるを得なかった。だが、それなりに民族の魂を入れようと努力した」。テコンVの独創的な「かぶと」がその産物だという。ところが、首から下があまりにも似ているという批判を逃れることはできなかった。その後、独島に設置されたロボットのキャラクターは一つもない。どれも日本の影響を受けたものだからだった。

 19年前、韓国の自動車メーカーがドイツの高級車をまねてドイツの国際モーターショーに出品し、一日で撤去された。ドイツの自動車メーカーから抗議があったからだ。先進国では当時、この出来事が大きく報道された。1997年9月、韓国がアジア通貨危機の泥沼にはまった時のことだった。日本の専門家がテレビニュースで言っていた皮肉が頭から離れない。「だから韓国経済は今、あのざまなんだ」と。

 このように威張っていた日本が昨年、盗作・盗用問題で国際的に恥をかいた。2020年東京五輪のエンブレムがベルギー東部の劇場のロゴのまねだという疑惑だ。写真を見れば、誰でも分かるほどだ。担当当局は「そんなはずはない」と否定、それがかえって批判を招いた。ほぼ同じ時期、東京都独自の広報エンブレムまで俎上(そじょう)に上がった。今度はフランスのメガネ会社のロゴと似ていた。このほど作り直された東京五輪メーンスタジアムの設計まで盗作疑惑に巻き込まれている。日本が先進国から遠ざかろうとしている兆候なのだろうか。

 CJグループ系列のベーカリー・チェーン「トゥレジュール」が海外のイラストレーターにデザインを盗用されたとの指摘を受け、おととい謝罪した。クリスマス商品の包装紙に描かれたサンタクロースやリスのイラストがまねされたことが明らかになった。盗用の事実を知ったイギリスのイラストレーターは簡易投稿サイト「ツイッター」でこうつぶやいた。「この人たちが私の作品のでたらめバージョンを自分たちのケーキの上に載せて売っているのを、どう阻止すればいいんだ?」。トゥレジュールのデザイン盗用疑惑は今回が初めてではないという。

 製糖業からスタートしたCJグループは現在、映画・ドラマ・音楽などの知的財産で利益を得るグローバル・エンターテインメント企業へと変わりつつある。自社のことを「中国のパクリ攻勢に頭を痛め、損をしている企業だ」と言い、大騒ぎしていた。このような会社がクリスマス商品の包装紙デザインすら自分でできず、他人のものを盗用して指摘されたのだ。盗用は文字通り「盗み」だ。小さな盗みを放置すれば、さらに大きな盗みにつながるものだ。「だからCJは今、あのざまなんだ」と言われたいのだろうか。
(引用ここまで)

 韓国に帰国してからこっち、すっかり先祖返りしてしまったソンウ・ジョンのコラム。
 盗作騒動があった東京オリンピックのエンブレムですが、あれは幾何学模様とテキストを組み合わせたときに生じるものでパクリではないのですよね。
 あれはエンブレムそのものよりもそれ以前のデザイナーのデザインワークスがアレだったのが主因だと思います。
 そもそもここで日本を引き合いに出す意味合いがない。
 ま、そんなことにすら気がつけないほどに、すっかり韓国の考えかたに染まってしまったようですね。

 パクリっていうものはありますよ。
 汎世界的にあるものです。

 でも、韓国の場合はその頻度と悪質さが際立っているのですよ。
 パクっておきながら盗人猛々しい。
 ヘタをすると「PCから流出して盗まれたのであって、こちらは被害者だ!」って言い出す始末。
 で、その曲を歌っていた歌手がCMに出ていたのですが、そのスポンサーから「イメージが低下した。損害賠償を払え!」って言われたら「パクリをしたのは作曲家で、我々は被害者だ!」って反論しちゃうレベル。

 日本の悪逆さを広めようとして制作した「独島広報動画」ですら盗作


 パクリ云々で日本に「先進国から遠ざかろうとする兆候」があるっていうなら、韓国のそれは永久に先進国になれない証ですわな。
 日本のことを書いたからって、韓国のパクリが免罪されるわけでもなかろうに。

盗作の報酬
三浦明博
講談社
2012-12-17