【コラム】「あの人は韓国人」と騒ぐのはむなしい(朝鮮日報)
 著名な未来学者ドン・タブスコット氏は、現代社会における最も偉大なCEO(最高経営責任者)としてイーロン・マスク氏を挙げている。革新的な製品で巨大企業をつくり上げた事業家は多いが、誰が人類の未来を切り開いていくかまで考えると、マスク氏がトップだというのだ。

 マスク氏は科学的な想像を現実のものにしてきた。電子金融取引分野で第一歩を踏み出し(ペイパル設立)、おもちゃ扱いされていた電気自動車を商用化された高級車に変身させた(テスラモーターズ設立)。また、彼が立ち上げたソーラーシティは太陽光発電の普及をリードしており、スペースXという企業は民間宇宙船時代を切り開いている。

 マスク氏の活動舞台は米国のカリフォルニアだが、出身は南アフリカだ。生まれてから高校卒業まで南アフリカで育った。だが彼は、そこで過ごした18年はよい時間ではなかったと語る。

 コンピュータープログラミングを独学で習得したマスク氏は、わずか12歳でビデオゲームを作って売ったほどの天才だが、南アフリカの小中高校は彼の潜在力を引き上げるレベルに達していなかった。南アフリカでは、月給だけもらって出勤さえしない教師が多い。経済協力開発機構(OECD)が今年、主要76カ国の生徒の数学・理科の成績を比較したところ、同国は75位だった。

 問題は教育レベルの低さだけではない。マスク氏は何かにつけてクラスメートたちに殴られ、入院を繰り返すいじめの被害者だったが、学校も教師も彼を助けてくれなかった。彼はメディアとのインタビューで「私は生意気なやつと言われ、いやというほど殴られた。さびしさに負けまいとサイエンス・フィクションを読んでいた」と振り返っている。

 マスク氏は南アフリカ脱出を望み、米国で大学に通いながら生まれ持った才能を開花させていった。2002年、31歳のときにペイパルをイーベイに売却して1900億ウォン(現在のレートで約196億円)を手に入れ、この年に米国国籍も取得。その後も米国で事業を興し続けた。彼が生んだ膨大な付加価値と雇用は米国人が享受している。

 マスク氏が未来産業のパイオニアとして名声を得ると、南アフリカは「彼は私たちの国の人だ」と誇るようになった。だが、残念ながら片思いだ。マスク氏は南アフリカに関する質問を受けると「学生時代が大変だった」と言葉少なに語ることが多い。母国の人々が聞いたら喜ぶようなリップサービスさえもなかなか口にしない。英紙タイムズは「マスク氏が南アフリカに残っていたなら、今日の(成功した)彼は存在しなかっただろう」と指摘している。

 韓国は、南アフリカよりはるかに優れた教育システムと産業インフラを備えている。だが、自問してみるべきだ。韓国にマスク氏のような天才がいたなら、国に失望させることなく前向きな若者に成長させられるだろうか。韓国で成功させ、国内で富を得て未来を設計するように育てられるだろうか。ずば抜けた才能を持つ子どもたちを発掘し、その潜在力を高めていく制度的な仕組みが必要だ。韓国が育てられなかった天才が外国で能力を発揮したとき、後から「あの人は韓国人」と騒ぐのはむなしい。韓国は天才を育てる国になるべきだ。
(引用ここまで)

 まったく同じ構造が韓国の孤児輸出ですね。
 アメリカやヨーロッパで育てられた人物が出世すると「やはり優れた韓国人の遺伝子が云々」ともてはやすのです。

 韓国人の中では「韓国人は優秀である」というのはもう前提なのですよ。
 太陽が東から出るかのように当然のこととして扱われています。
 でも、その優秀さに見合った扱いを受けていない。ノーベル賞はもちろん、そういった国際的な科学関連の賞には一切と言っていいくらいに縁がない。
 なので、優秀な人間が韓国系から出てきて、褒賞を受けると「ほら、ほら! だから言ったじゃないか! 韓国人は優秀なのだ!」となるのですね。

 でも、輸出孤児たちはそんな韓国人の考えなんかまったく考慮してくれない。
 たとえばフランスのオランド大統領の閣僚に輸出孤児がいたのですが。
 生後すぐにソウルで捨て子で見つかって、半年後には養子として輸出されたかたなのですよ。
 んで「韓国は産まれた地だけども、わたしはフランス人」って明言しちゃってる。
 ま、輸出孤児の中にはこじらせてヘルメットに「独島」とか「安重根」とかのステッカー貼って走っていたレーサーもいるとのことですが。
 アイデンティティの置き場所に苦しんでいるんでしょうかね。

 じゃあ、本国の韓国人はどうなんだよっていう話に常になってしまうのですけど。
 たとえばソウル大学の化学生物工学部に現役でかつ優秀な成績で入学できる高校生がいても、目指すのはワンランク下の大学の医学部
 TOEICで満点を取った学生が一芸入学で選ぶのも医学部
 医者でなければ人生を保証してもらえないのですからしょうがないですかね……。

 「韓国人は優秀なはずだ!」という思いこみから外れることができればだいぶ楽になれると思うんだけどなー。

21世紀の不平等
アンソニー・B・アトキンソン
東洋経済新報社
2015-12-11