【コラム】日本への怒りが国内に逆流、われわれ韓国人は愚かなのか(朝鮮日報)

 えーっと。
 そもそもがここまで問題を大きくして、かつこじらせてきたのは韓国なのですよね。
 少なくとも日本側の視点ではそうだし、アメリカからもそういう視点で見られはじめていたというのは間違いないところでしょう。
 去年のシャーマン発言からこっち、明白にアメリカからの風向きが変わっていましたからね。

 政府は勝手に問題をこじらせて、国内問題から目を逸らせるために利用して、民間は民間で職業として運動を繰り広げて、既得権益化してきた。
 で、それが日本主導で解決されそうになったら「屈辱外交だ!」っていう。
 韓国では0対100でなければ納得しない。
 それこそ、イ・ミョンバクの天皇謝罪要求発言のように「ひざまづいて謝罪しろ」でなければならないし、「法的責任を認めて賠償」させなければならない。韓国人は納得しないし、できない。
 そこまでこじらせてハードルを上げてきたのは純粋に韓国国内の問題であって、外交問題ですらないのですよ。

 もう、そんな韓国にあきれ果てたからこそ「最終的、かつ不可逆的」っていう外交的にはほとんどあり得ない用語を使わせて、かつ河野談話のような密約ではなく共同記者会見でそれを表明させたのです。
 世界が周知し、テレビや動画サイトで証拠を残す形でね。

 案の定、こうやって揉めているのは「0:100で日本を屈服させなければ解決ではない」っていう人間が少なくないからですよね。
 そもそも、解決したがっていない人間も少なからずいる。
 あくまでも慰安婦問題というのは外交カードであり、「道徳性で日本の上に立つことのできるオールマイティなカード」ですから。

 でももう、それは純粋に韓国の国内問題であって日本が関与できないところになってしまったわけです。
 これで韓国から「同意なんてなかったんや!」ってなっても面白いし、このまま揉め続けるというのもなかなかに興味深い。
 ま、パク・クネの手腕に注目ですね。