隣国の話を聞いたら驚いた(これから就活の話をしよう/共同通信)
―ちょっと調べてみたんですけど、韓国では2011年春卒業の大学、大学院生の正社員就職率はなんと48.3%。2人に1人以上が正社員になれないわけですね。かなり驚きました。 韓国版就活の厳しさは、ここ数年の話ではなくて、経済そのものの構造的な問題に起因しているんですね。話はアジア通貨危機が起きた1997年にさかのぼります。韓国では、この時、金融機関の不良債権問題が一気に表面化して、国家破産の一歩手前まで追い込まれました。国際通貨基金(IMF)からの緊急融資で、何とかデフォルト、つまり対外債務の不履行は切り抜けることができたのですが、IMFの監督下で痛みを伴う改革、言い換えると外科手術的な経済、社会改革を強いられることになりました。こちらでは朝鮮戦争のことを「韓国戦争」と呼ぶのですが、この「IMF危機」は「韓国戦争以来の国難」と言われました。驚異的な経済発展は「漢江の奇跡」として世界に輝いていたんですけど、外国の機関が入ってきて、ああしろこうしろと命令するわけですから、韓国民のプライドはこなごなになってしまいましたね。 (中略)

この危機以降、韓国の企業は景気循環に対応できるように正社員の率を減らし、契約社員を多く雇用する形に変わりました。それが現在まで続いているわけです。若者の多くが不安定な雇用に悩んでいて、20代の平均賃金は驚くほど低額です。彼らはその月額収入から「88万ウォン世代」と呼ばれています。日本円では6万円ちょっとですかね。これでは食べていくのがやっとです。 (中略)

給料は安いけれども、安定した就職先である公務員は大人気で千倍近い競争率になることもありますね。公務員試験予備校が大繁盛していて、ソウル市内には「予備校村」と言われるような地域もあります。ここには地方から若い人が大勢やってきて、2、3畳の狭い下宿にこもって睡眠時間2時間で猛勉強を続けています。
(引用ここまで)

 一昨日に書いた「公務員試験の倍率が1000倍近いこともある」という件ついてのソースを出そうかなと思って,
ちょっと昔の記事を発掘してきました。
 公的機関の数字ではないですけどね。
 おそらくは9つある韓国の公務員階層の最下層である9級でしょうね。ほとんど資格らしい資格がなくても受かる可能性がある、ということから応募が集中している公務員です。

 ちなみにこの記事自体が5年前の話です。
 5年前の韓国はそこそこ調子のよかった時代です。それなのに「公務員試験の倍率」は1000倍近く。
 そこからさらに韓国の経済と就職の状況は悪化して、正社員になれるのは全体の1/3にまで縮小しています。
 さらに来年からの定年延長で青年層の雇用はさらに悪化しているわけですね。

 韓国メディア曰く1997年の通貨危機の時よりもはるかに悪い、という状況。
 公務員試験の倍率はどのくらいになっているんでしょうか。ちょっと興味のある部分ではありますが。

 就職は絞っているのに、無制限のリストラが敢行されている。
 まあ、普通に考えれば社会の秩序が失われていく方向性なのですが……。本当に第2、第3のチョン・チャンハン容疑者も産まれそうな勢いですね。