慰安婦合意49%評価、北制裁「強化を」76%(読売新聞)
 読売新聞社は8〜10日、全国世論調査を実施した。

 慰安婦問題を巡る昨年12月の日韓両政府の合意について聞いたところ、「評価する」が49%で、「評価しない」の36%を上回った。今後、日韓関係が「改善する」との回答は50%で、「改善しない」の38%よりも多かった。日韓首脳会談直後の昨年11月調査(6〜8日)では、「改善する」は40%で「そうは思わない」の47%を下回っていた。

 日韓合意について、韓国内では批判的な声が多いが、日本では長年の懸案についての合意に肯定的な評価と期待感の方が多かった。

 核実験を実施した北朝鮮に対して、日本が制裁を「強めるべきだ」との回答は76%に達し、「その必要はない」の14%を大きく上回った。

 安倍内閣の支持率は54%で、前回調査(昨年12月17〜18日)の49%から上昇し、2か月ぶりに5割台を回復した。慰安婦問題の合意への評価に加え、北朝鮮が核実験を実施したことで、その対応にあたる安倍内閣への支持に結びついたとみられる。不支持率は36%(前回39%)だった。
(引用ここまで)

 ふむ、予想通りに内閣支持率も上昇。慰安婦に関する日韓合意に対して「評価する」が多数。
 まだ一社だけの結果なので、これで確定というわけにもいかないでしょうけども。
 間違いなくおおよその傾向は同様でしょう。

 こういうときに「自分の周りではTwitterでもFacebookでも批判ばっかりなのに!」っていう人がいるのですが、それは同じ志向の人がSNSでは固まるからなのです。
 「日本未来の党」(国民の生活が第一→日本未来の党→生活の党→生活の党と山本太郎となかまたち)が大惨敗したときに「不法選挙だ!」って騒いでいた人がいたのですが、 その根拠が「私の周りでは未来の党の支持者ばっかりで、原発に反対している人間ばかりなのに」って話でした。
 まあ、そりゃそうですわな。

 日本国民の多くが今回の慰安婦同意を支持しており、12月から内閣支持率が5%上昇したという事実は把握しておいたほうがよいでしょうね。