米空軍の次期ジェット練習機コンペ、Boeingによる既存機の改修案が勝利(businessnewsline)
US. Air Forceがパイロットの訓練用に使用しているジェット練習機「T-38 Talon」に代わる次世代ジェット練習機「T-X」コンペに関して、USAFは5日、Boeingによる既存のT-38の機体改修案を選定したことを発表した。

Boeingを今後、締結される契約に基づき既存のT-38Cのコックピットを最新のデジタルコックピットに改修を行う。T-38Cはまた、Pacer Classic IIIに基づく構造部分の改修も図られることが予定されており、これらの改修により機体寿命は2029年まで延長されることとなる。

これらの改修に伴う総費用は向こう10年の総額費用で8億5500万ドル(約1026億円)となる見通し。

T-Xのコンペには、イタリアのAlenia AermacchiがM-346 Masterを、Northrop GrummanがBAE Hawkを、韓国のKAIがT-50 Golden Eagleを、TextronがScorpionを投入することをコンペの勝利を目指して営業活動を進めてきたが、今回のUASFの決定により、既存機の改修案が、次世代機を抑えるというやや皮肉な結果とった。

ただし、今回、決定した機体改修案の元で可能なのは、機体寿命の2029年までの延長に止まっており、その後については不透明なままとなっている。

そのため、USAFでは、T-Xのコンペについては、最終決定を先送りとした上で、今後、改めて次世代機をどうするのかを決定することを計画している。
(引用ここまで)

 韓国の腹づもりとしてはT-50のアメリカ版を開発して、アメリカ空軍の練習機として導入してもらえたらアメリカからも性能が裏書きされてベストセラーになるぞっていう感じだったのでしょうね。
 パク・クネがこのコンペに際して開発されたT-X試作機を背にしてコメントを出すくらいの勢いでした。ちなみにリッパート駐韓アメリカ大使も招かれていたそうですよ。

朴大統領「T−X輸出は韓米同盟の触媒剤」(中央日報)

 T-50がアメリカに導入されたら、T/A-50もF/A-50も大売れに売れてアメリカだけで1000機単位の大ベストセラーになりますよ、ついでに他国にも導入されるきっかけになりますよ……という気分だったのですが。
 コンペを勝ったのはT-38の近代化改修だったというオチ。
 
 まあ、残念でしたと。
 米軍にかぎらず、どの軍でも経費節約が至上命題になっている昨今、当然といえば当然なのかもしれませんね。
 もうひとつはロッキード・マーティンの独占状態を防ぎたいという気持ちも働いたのかな、とは思います。

 ただ、記事にもあるようにT-Xとして次世代機導入はいずれ必要になるわけで。
 もう一回、チャンスがあるのかもしれません。