韓国の市民団体が慰安婦合意で潘基文国連事務総長に質問書(ハンギョレ)
 参与連帯が韓日政府による日本軍「慰安婦」問題合意を歓迎するとした潘基文(パンギムン)国連事務総長の発言に対して遺憾を表明し、今回の合意に対する立場を質す公開質問書を発送した。  参与連帯は11日、「韓日慰安婦問題合意に関連した国連事務総長の立場を尋ねます」というタイトルの公開質問書を潘事務総長に送ったと明らかにした。

 参与連帯は質問書で「今回の韓日『慰安婦』問題合意は、国連が強調した『被害者中心のアプローチ』原則と価値に符合しないにも関わらず、今回の合意に対して国連の首長である潘事務総長が“歓迎”の立場を明らかにしたことに対し、深刻な遺憾を表さざるをえない」と述べた。

 潘事務総長は今月1日午後、朴槿恵(パククネ)大統領に電話をかけ「(韓日)両国が今回、24年間難問となっていた慰安婦問題について合意に至ったことを祝う」として「朴大統領がビジョンを持って正しい勇断を下したことに対し、歴史が高く評価すると考える」と明らかにしている。

 参与連帯は「今回の合意は被害当事者の意思の確認も行われず、合意の過程に被害者の参加が全くなく、1991年の被害当事者による最初の公開証言以後、被害者たちが一貫して要求してきた国家次元の謝罪と法的賠償、再発防止措置は全く反映されておらず韓国内外から強い批判を受けている状況」と明らかにした。

 参与連帯は続けて「国連の種々の人権機構は、これまで日本軍『慰安婦』問題を『反倫理的犯罪』と規定し、日本政府に対して『法的責任の受け入れ』、『被害者に対する賠償』、『責任者起訴』を勧告してきた」として「今回の『慰安婦』問題合意は、これまでの慰安婦問題に対する国連の勧告案にも合致しない」と指摘した。

 さらに参与連帯は、潘事務総長に、国連が原則に据えている人権被害者の権利と戦争犯罪解決原則、国連の勧告に今回の合意が符合すると考えるのか▽今回の合意と関連して安倍晋三首相とも通話したか▽国連事務総長が今回の合意を無効にする努力をしなければならないという主張に対してどう思うか▽日本政府の謝罪と法的賠償、再発防止措置などが被害者の参加の中で成り立つよう直接韓日両国に促す意向があるかの4点の質問に答えることを要求した。
(引用ここまで)

 左派の市民団体が日韓間の慰安婦合意に賛意を示したパン・ギムンに公開質問状。
 内ゲバってますね。
 それだけ、韓国においてこれまでの価値観が覆されるような合意だったというわけなのでしょう。

 韓国の誇る正義の体現者であり、至高の存在であった慰安婦の頭越しに同意されてしまった。
 「我々は絶対の正義なのだから0:100の勝利を得るべきなのに、韓国政府はなにをしているのだ」という気持ちなのですね。
 なので、同じ左派となるウリ党(「共に民主党」の前身の前身の前身くらいのノ・ムヒョン時代の政党)出身のパン・ギムンにもかみつく。

 もう誰も「どうしたら元慰安婦が幸福なのか、残りの人生を豊かにできるのか」とか考えていないのですよ。そんなものは1体200万円以上の経費がかかる銅像をばんばん作っている時点で分かり切っていたことですが。
 あくまでも「慰安婦」というカードであって、日本を屈服させたいというだけのものだったのですから。
 そのカードを突然に取り上げられて「その価値観は間違いだったのだ」と国家元首が言い始めてしまった。
 まあ、当分は社会的混乱が続くんじゃないでしょうかね。

 慰安婦問題というカードは韓国にとって対日でオールマイティに使えるものだったはずなのに、それを振りかざしすぎて日本からスルーされるという手段を執られはじめてしまった。
 でも、オールマイティカードであった頃の思い出が捨てられない。
 セイギガー、フヘンテキジンケンガーと叫んでいるうちに日本はおろか、アメリカからも見捨てられるようになってきた。
 ついでに経済状況もこれまでになく悪くなってきた。頼りにしてきたはずの中国様はしおれてきてしまった。
 背に腹は代えられないとばかりに合意したわけですね。

 でも、あくまでカードだったはずの慰安婦は韓国国内で最強最悪のモンスターと化していた。
 そのモンスターが噛みつく先は日本だった間はよかったのですが。今回の合意によって、その牙は韓国国内に向かうようになったのですよ。
 もう、統制のとれる相手ではなくなっていたのですね。
 ま、そのモンスターを大事に大事に育ててきたのは韓国人なので。
 生暖かい目で「国内事情が大変ですねー」と言ってあげることくらいしかできませんね。