日韓、通貨交換協定を再開へ 政府、韓国の正式要請があれば 中国景気の後退リスクに対応(産経新聞) 日本との通貨スワップ 現時点で考慮せず=韓国経済副首相(聯合ニュース)
 日本政府は、緊急時に通貨を融通し合う「通貨スワップ(交換)」の日韓協定について、韓国政府から正式要請があれば再締結に応じる方針を固めた。日本政府高官が13日、明らかにした。北朝鮮の核開発問題や中国景気の悪化など安全保障と経済の両面で不安要素を抱える東アジア地域の安定に向け、正式要請には応じるべきだと判断した。再締結が実現すれば、協定は昨年2月以来となる。

 日本政府は、中国の景気後退が韓国経済に大きな影響を与えるリスクがあるため、国境を超えた景気悪化の連鎖を防ぐには通貨スワップ協定が有効だと判断した。韓国で経済危機が発生し米ドルや日本円が不足したときに、日本が通貨を融通し経済の安定化を図る。

 日本政府は、韓国政府から協定再開の申し入れを受けてから、融通枠の上限額などを検討する。協議がまとまれば国際会議に合わせた財務相会談や首脳会談などでの調印式も検討する。

 通貨スワップ協定は、経済力のある国が周辺国を支援する側面が強く、日韓間の場合は日本が韓国を支援する形となる。

 日韓両政府は平成13年に通貨スワップ協定を締結。23年には欧州債務危機を受けて融通枠を最大の700億ドルまで拡大した。

 しかし、24年に当時の李明博大統領が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなど日韓関係が冷え込んだ影響を受けて規模が縮小。協定期限を迎えた昨年2月、韓国側から延長要請がなかったため終了した。

 ただ、昨年10月には日本経済団体連合会に対し、韓国の全国経済人連合会が再開を呼び掛けていた。

 日韓両政府が慰安婦問題で合意したことから、北朝鮮の核実験への対応などで「スムーズな日韓連携が可能になった」(首相官邸筋)とされる。日本政府にとって、歴史認識問題で中国の習近平国家主席と共闘してきた韓国の朴槿恵大統領との距離を通貨スワップ協定による支援でさらに縮める狙いもある。

 ただ、官邸サイドは韓国の非公式による再開打診に応じる気はなく、公式な要請を待つ考えだ。
(引用ここまで)
 韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官は14日、就任後最初の記者懇談会で、「今すぐに韓日で通貨スワップを推進しなければならない状況ではない」と述べた。

 柳氏は日本が要請すれば反対する理由はないとしながらも、「原則的にみてそれも可能という程度に理解してほしい」と話した。現時点で米国と中国のリスクが急激に変化する状況ではなく、韓国が先に要請する段階ではないとした。
(引用ここまで)

 うちのスタンスとしては日韓通貨スワップ協定に賛成なのですよ。
 無条件でやるのは困るし、できればIMFを介在させて二国間協定は避けたいのですけども。最悪、二国間協定でもいいでしょう。

 すごく簡単に言うと韓国政府に財政破綻されると、日本企業が困るのです。
 2009年前後のグレートリセッションでは韓国政府の財政が破綻寸前にまで追い込まれました。
 その結果、なにが起きたか。
 1U.S.ドル=1600ウォンにまで下落したのです。
 2007年終わり頃には1U.S.ドル=900ウォンになるまで高騰していたものが、一気に通貨価値が半分近くに下がったわけですよ。

 中国が財政出動してアホほど公共工事に費やしたこともあって(そしてその材料等が国内だけではまかなえないこともあって)、為替に恵まれた韓国企業は史上最高利益をバンバン出していました。
 2010年の経済成長率は近年にはなかった6.5%。
 2009年は世界不況で0.71%、ウォン高局面だった2008年は2.83%。

 その一方で安全資産とされていた円は80円台に定着していました。
 通貨対策をなにもしなかった民主党政権下でなにが起きたか、記憶に新しいんじゃないでしょうかね。
 2009年の「破綻寸前」でこうでした。

 日本と韓国の輸出産業は半分ほどがかぶります。
 極端なウォン安は日本企業に負担になるのです。

 さらに言えば韓国とFTAを結んでいるアメリカもいい顔をしないでしょうね。
 それでなくとも「韓国とのFTAは失敗だった。それを遙かに上回る規模のTPPなんとんでもない!」っていう話が出るくらい。
 それを受けて去年10月の米韓首脳会談の共同ステートメントで「もう為替への介入をいたしません」って文言を婉曲ながらも入れさせられていたほど
 それも最後の最後に。

 ただ、産経新聞の記事にあるように非公式な打診では受け入れるわけにはいかないでしょうね。
 公式な打診を受けて、つまり「韓国から申し入れがあったので」という形は堅持する必要があるでしょう。
 片務的なものであり、韓国が膝をついて協定締結をお願いするという形を取らせる必要があるのですよ。

 もはや日本と韓国は普通の国の関係であるということを周知させなければならないので。
 旧宗主国への甘えはもう勘弁なってとこです。

 経済状況的にファンダメンタルズに大きな問題のない世界第三位の経済大国である日本が、なんで韓国みたいな中進国に向かって「通貨スワップ協定を結んでください」っていう必要があるのやら。
 上から目線も大概にしておけって話ですわ。
 その物言いで日本側の心証を害して、協定を打ち切られたのにね。