<韓国>つながらないホットライン…対中外交間違った?(毎日新聞)
THAAD配備に言及、中国が最も嫌うカードを切った朴大統領(朝鮮日報)
 核実験後の8日に行われた電話協議で、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が対北朝鮮制裁で協力を求めたのに対し、中国の王毅外相は対話を通じた解決を強調した。また昨年末に設置した中韓両国防相間のホットラインによる協議は、核実験後に韓国側が要請したが、中国からの回答待ちで、結果的には機能しなかった。

 韓国では、北京での軍事パレードの席順などから「中国は北朝鮮よりも韓国を重視している」との楽観的な見方も広がっていたが、冷水を浴びせられた形になった。
(引用ここまで)
 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍への配備問題に言及したのも、配備に強く反対する中国に圧力をかける狙いがあったと受け止められる。朴大統領は談話の発表に続く記者会見で、THAAD配備に関する意見を問われ「北朝鮮の核、ミサイルの脅威などを勘案しながらわれわれの安保と国益に応じて検討していく。それが唯一の基準だ」と述べた。

 THAADの韓国配備は米中の認識差が際立つ安保懸案だ。米国は、北朝鮮の脅威から在韓米軍と韓国を守るにはTHAADが必要だと主張している一方、中国はTHAADを構成するレーダーなどが自国の監視に用いられるとみて配備に猛反対してきた。この問題が外交争点になることに負担を感じた韓国政府は、これまで「THAAD配備について米国からの要請はなく、協議もしていない」と明確な答弁を避けてきた。

 中国は即座に反応した。中国外務省の洪磊報道官はこの日の記者会見で、朴大統領のTHAADをめぐる発言を念頭に「自国の安全を追求するときには他国の安全も考慮すべきだ。朝鮮半島情勢は非常に敏感で、慎重に対応するよう希望する」と述べた。THAAD配備の可能性に警戒感を示した形だ。

 朴大統領がこの日、北朝鮮核問題で中国に「行動」を求め、これまで言及を避けていたTHAADまで持ち出して圧力をかけたのは、中国が制裁に積極的に動かないことに失望したためと受け止められる。中国外務省は、米軍が先ごろB52戦略爆撃機を韓国に派遣したことや、韓国政府が拡声器を使った対北朝鮮宣伝放送の再開に踏み切ったことについて「自制」や「慎重な行動」を促すなど、事実上、懸念を表明した。また、中国の常万全・国防相は1週間にわたり韓民求(ハン・ミング)韓国国防部(省に相当)長官の電話協議要請に応じていない。

 韓国政府の周辺では、対中外交の失敗を指摘する声が高まっている。朴槿恵政権はこの3年間、「対中傾斜」と言われつつも中国重視外交を続けたが、肝心の助けが必要なときに中国は手を貸してくれないという批判が出ているのだ。こうした批判を意識したためか、朴大統領はこの日「困難で苦しいときに手を取ってくれるのが最上のパートナーだ」とも述べた。
(引用ここまで)

 北朝鮮による核実験の際に、ハン・ミング国防部長官(国防大臣)は中国と結んだホットラインに電話をしたのだそうですよ。対応を協議するために。
 「ホットライン」のはずなのに誰も出なかったというオチ。
 これまで「北の核を許さない!」だの「半島の安定のためには〜」みたいなお為ごかしを延々と言わされてきて、肝心の場面になったら華麗にスルー。

 ま、パク・クネでなくても怒りますわな。
 んで、それに対抗するためなのかTHAAD配備を示唆するという行為に出たわけですが。
 これをブルーチームへの復帰とか考えるのは危険でしょうね。
 慰安婦合意からこっち、中国を裏切って日米側へのシグナルを送り続けてきているのですけども。
 これまでのコウモリ外交の傾きをややこちら側へと補正しただけで、片足ずつを両側に突っこんでいる状況は変わっていません。

 そもそも最大の問題がありまして。
 中国は天安門で韓国を序列第2位という破格の扱いをしてやったのですよね。うちでもパク・クネが政権に就いてからもっとも輝いた日ではないかという話もしました。
 果たして中国が「THAAD配備を示唆する」なんていう「暴挙」を許すのか、ということなのですよね。
 もはや中国にとって韓国というものは、そういったコウモリ外交を許すような位置づけの国ではないように思われるのですが。

 彼らの中では「米中という二大国家を手玉に取る外交大国の韓国」という誇大妄想からどうしても離れられないので、こうしたことを続けていって中国からの締めつけを食らうというパターンを繰り返すのではないでしょうか。