慰安婦被害おばあさん「安倍がしないのなら日王が謝罪しろ」(東亞日報)
「安倍(首相)が謝罪しないというのなら日王(天皇)が謝罪しなければならない 」

光州ナヌムの家に住む慰安婦被害者であるユ・フイナム(88)おばあちゃんは31日、共に民主党ムン・ジェイン代表一行と面談した席で日王という表現を使用して、「日王も謝罪することができる(通常)人である。親が間違ったことについて謝罪しなければならない。ひざまずいて謝罪せよ」と述べた。

ユ祖母はまた、「このまま進むのであれば、再び(日本が)我が国を無視するだけだ」とし、「私たちの力ではなにもできない。国会で再び取り上げてほしい」とムン・ジェイン代表に呼びかけた。

「今回の日韓(合意)は、政府からの不当な扱いだ」と語り、さらに「政府自らが私たちを無視した。自分の祖母、母がこんな目にあったとしたら、そんな態度をとることができるのか」と反問し鬱憤を吐いた。

カン・イルチュ(88)おばあちゃんは、「政府が(交渉について)、私たちにもなにも言ってこない」とし、「政府が(より)興味を持つことが必要になる。お金を出せばそれだけでいいなどと思ってはならない」と述べた。

イ・オクソン(89)おばあちゃんは、「政府は私たちをすべて捨てたと感じた」とし「日本は私たちがみな死ぬのを待っているように、韓国政府も(日本と同じように)私たちが死ぬことを望んでいるかのように思われる」と政府の態度を非難した。

彼女はまた、「今回の謝罪は謝罪ではない」とし「日本の責任者が私たちの前にひざまずいて謝罪するのが、真の謝罪」と主張した。

キム・グンジャ(90)おばあちゃんは「私たちを抜きにして交渉すれば終わらせることができるとでも思ったのか。被害者は私たちなのだ。これからは政府とも戦わなければならない」と政府に対する鋭い批判を吐き出した。

彼女は「法的賠償と名誉回復、公式謝罪は必ず受けなければならない」と強調し、「これ以上望むものはない」とした。

パク・オクソン祖母は「眠れない。うまく解決することができるように努力してほしい」とムン・ジェイン代表に呼びかけた。

ムン・ジェイン代表は「(元慰安婦の)『なぜ私たちを2度も殺したのか』という報道を見て驚いた」とし「国会の同意がなかったので無効だ。おばあちゃんが受け入れることができるように、新たに交渉しなければならない」と主張した。

この日ムン代表一行の訪問におばあちゃんは、拍手で歓迎を示した。ムン代表は祖母一人一人の手を握って答えた。おばあちゃんは、「今度は民主党がどうするのかちょっと見てみましょう」などという冗談もあがった。

この日の議論は、過去29日ジョ・テヨル外交部第2次官が訪問したときナヌムの家でゲストブックを片付けてしまったほど逆上した姿を見せていたのとは全く違う雰囲気の中で進行された。
(引用ここまで)

 去年の慰安婦同意の直後にあったニュースで見落としていましたね。
 大晦日に配信されていたものです。

 東亞日報日本語版にはこの記事は掲載されていません。東亞日報の日本語版スタッフが「これはまずい……」ってことでスルーしたのでしょうね。
 日本にいるのであれば、「日本における天皇」がどのような力を持っているか……というか、日本人が総体としてどういう思いを「天皇」というものに込めているか理解していることでしょう。

 なにしろ、うちの周囲のノンポリな人たちですらイ・ミョンバクの「天皇は独立志士の墓の前で跪いて謝罪しろ」って宣言にはどん引きでした。
 あれですーっと「韓国への好意」というものが多くの日本人から消えていきましたね。
 日本語版スタッフ、あるいは特派員として日本にいたのであればその風景を見ていたことでしょう。
 その後、世論調査で韓国への風あたりがどうなっていったかもしっかりと見たことでしょう。

 それであれば、この記事は翻訳できませんわな。
 しかし、本当にモンスターですわ。自分たちが(少なくとも国内では)無敵であるという自覚がありありと見えていますね。