韓国ガールズグループ「TWICE」ツウィの台湾国旗事件、中台関係に波紋(朝鮮日報)
台湾の旗振ったアイドル謝罪 韓国で波紋広がる「屈辱的」(聯合ニュース)
事態はついに本人からの直接謝罪へ…映像が公開されたTwice ツウィ、意図せぬ“政治的議論”について謝罪(K-Style)
 韓国のガールズグループ「TWICE」のメンバーで台湾出身のツウィ(周子瑜)さん(16)が韓国のテレビ番組で台湾の国旗(青天白日満地紅旗)を振り、中国への謝罪に追い込まれた事件が中台関係に波紋を呼んだ。

 台湾初の女性総統に選ばれた蔡英文・民進党主席(60)は16日夜、勝利宣言の中で今回の事件に触れ、「国民がアイデンティティーに関して謝る必要がないように努力したい」「圧殺は両岸(中台)関係の安定を破壊する」などと警告した。 (中略)

 蔡英文氏は記者会見で、「韓国を拠点に活動している台湾の16歳の女性芸能人が中華民国国旗を持って画面に登場したがために、非難を浴びた。この事件は、党派を超えて多くの台湾人を憤らせた。内外で言動と態度を一致させるということを、次期中華民国総統の私の最も重要な責務なのだと、改めて認識いたしました。事件はこの国を団結させ、強く大きくしていくことが次期中華民国総統である私の最も重要な責務なのだと改めて認識した」と述べた。

 台湾紙聯合報は、ツウィ事件が蔡英文氏の得票率を1−2%上昇させたと分析した。

 今回の事件は今月8日、台湾独立に反対する台湾出身の歌手、黄安(53)がインターネット上で取り上げたことをきっかけに騒動となった。中国のネットユーザーはツウィを「台湾独立支持ではないか」と非難。中国当局はツウィの所属事務所JYPエンターテインメントによる中国での活動に制約を加えた。結局、ツウィとJYPのパク・チンヨン代表は15日までに中国に謝罪。ツウィは「中国は一つしかない。私は一貫して中国人であることを誇らしく思う」と話し、深々と頭を下げた。中国紙・環球時報は「台湾独立勢力に対する中国ネットユーザーの勝利だ」と伝えた。

 これに対し、台湾では怒りが爆発した。ある台湾人女性はツウィの謝罪映像を見て、「IS(イスラム国)が人質を殺害する前に撮影した映像みたいだ。台湾は絶対に中国の属国ではない」と話した。
(引用ここまで)

 これは面白いなぁ……。
 韓国でタレント活動をする16歳の台湾人少女が、去年の11月に韓国の番組で青天白日満地紅旗を振ったと。
 んでもって、「こいつは青天白日満地紅旗を振っている! 台湾独立派だ! 中国で活動させてもいいのか!」というレッドパージみたいなことをやっている台湾独立反対派の中国で活動している台湾人男性歌手がいるそうなのですよ。
 その人物に11月の動画が見つかって、拡散されることで中国で所属事務所のJYPバッシングになりかかったわけですね。
 当初は「16歳の少女のやったことなので政治的意図はない」という擁護を事務所側もしていたのですが、中国側のバッシングが収まりそうもないということで、本人に「中国がひとつであるということは知っている。私も中国人だ」と言わせて事態収拾を図ろうとしたのですよ。

 で、その謝罪動画がこれなのですが。


 3番目のK-styleの記事に翻訳文があります。
 完全に罪人の処刑前の様子ですね。
 『罪の告白』をさせられているってところですか。

 この一連の流れが台湾でも大きく拡散されて、総統選挙においてはむしろ民進党有利に働いたんじゃないかという分析が出ているそうですわ。

 中国と韓国。
 中国と台湾。
 韓国と台湾。
 それぞれの関係性がにじみ出ていて、かつこの事件の中に見事に集約されています。

 韓国は中国のいうことを聞き入れざるをえない。
 台湾は中国からの圧力に反抗する。
 韓国は中国と台湾を秤にかけて中国を常にとる。なぜか台湾の上に立っていると思いこんでいる。
 台湾は韓国のこういう部分に嫌けが差していて嫌韓感情が拡がっている。

 台湾は韓国との断交時の扱いからしてアレだったので、韓国疲れの先輩という言いかたもできるかもしれませんね。