日本に進出する韓国企業の約4割「今年は営業環境改善」(聯合ニュース)
 韓国貿易協会東京支部が日本に進出している韓国企業69社を対象に実施した調査によると、今年の営業環境が「昨年より改善される」と答えた企業は38.2%だった。昨年の調査時と比べ2倍以上増えた。

 営業環境の改善に対する期待の高まりに伴い、「今年は事業を拡大する」と答えた企業も47.1%に上る。

 今年のビジネスに最も影響を与える分野(複数回答)として、34.2%が「韓日関係」を挙げた。次いで「円安」が32.8%、「日本製品の価格競争力向上」が17.6%、「日本の景気回復」が13.4%の順だった。

 キム・ジョンチョル同支部長は「韓日関係が改善の兆しをみせており、日本の景気も回復するなど、対日ビジネスの基盤が整いつつある。これを積極的に活用した対日輸出拡大のための努力が必要だ」と指摘した。
(引用ここまで)

 今年の韓国企業が日本での営業環境が改善されると希望を持っているそうですよ。
 その理由が「日韓関係が改善しているから」だそうで。
 まあ、希望を持つことは悪いことではないですが。

 日韓政府間で交渉を持ったからって、日本でのビジネス環境が回復することにはならないと思うのですけどね……。
 そもそもが政府間だって交渉しているとか、首脳会談が1回あったとかいうていどでとてもじゃないけど「改善」のレベルではありません。

 民間に至っては「韓国人を信頼できない」としている日本人が73%
 このあとで世論調査のエントリを書く予定なのですが、そこでもちょっと面白い項目があります。

 企業間取引であろうと、コンシューマであろうと、日韓関係があるていど改善されようとももはや固定されている「韓国へのイメージ」が改善されないかぎりは同じことが続きますわ。
 いまのところウォン安局面になっているので、価格競争力は多少は回復しそうですけどね。