【萬物相】初の赤字に転落したポスコ(朝鮮日報)
1969年、韓国鉄鋼大手ポスコの前身、浦項製鉄の朴泰俊(パク・テジュン)元社長は裸足でハワイ・ワイキキビーチを海辺を歩いていた。天気は穏やかで、砂は足を刺すように熱かったが、表情は苦悩に満ちていた。

 「資金はどこで確保すればよいのか」―。朴社長は浦項製鉄所の建設資金を借り入れるために訪米したが断られた。資金を提供するはずだった米国人が申し訳ないと言って、ハワイのコンドミニアムで休んでいけと言ったのだった。ぼーっと海を見ていた朴社長の脳裏に突然、韓国政府が日本から得た戦後補償資金のことが浮かんだ。すぐに朴正熙(パク・チョンヒ)大統領に電話をかけると、「使ってもよい」との答えが返ってきた。

 問題の資金は日本の植民地支配に対する補償金に当たるものだった。朴社長は社員に対し、「製鉄所は祖先の血の代償で建てるものだ。失敗したら皆で迎日湾に沈んで死ななければならない」と語った。寝る間も惜しむ工事の末、1973年に製鉄所が完成した。浦項製鉄は92年に朴泰俊氏が退任する時点で、鉄鋼生産能力を年2100万トンにまで引き上げた。生産初年度に46億ウォンだった利益は92年には1852億ウォンまで膨らんだ。「鉄の神話」と呼ばれた。

 神話の裏にはある原則があった。負債比率を80%以下に抑制したことだった。また、政治による介入で経営判断を行うことを避けた。朴泰俊氏は「自分の力の90%を外部からの圧力を防ぐことに使った」と振り返った。辞表を胸に青瓦台(韓国大統領府)を訪ねたこともしばしばだった。アジア通貨危機が到来すると、負債抑制の原則が効果を発揮した。大企業の負債比率が最高で400%を超える中、ポスコは100%にも満たなかった。ポスコは通貨危機の年に7000億ウォンの黒字を出した。ポスコ以外で黒字だったのはサムスン電子だけだった。

 そんなポスコが昨年、初の赤字を記録したという。「ウォン安が進んだ上、原材料価格が下落し、世界の鉄鋼業界はどこも苦しかった」というのが会社側の説明だ。しかし、投資家は雪だるま式に膨らんだ系列企業の赤字の方が問題だとみている。ポスコは昨年までに系列企業19社を売却したが、現在も46社を抱えている。前会長の在任中に海外投資、企業の合併・買収を繰り返した新事業の失敗がブーメランとなって返ってきた。

 新事業に挑戦して失敗したことを非難はできない。しかし、事業拡張の動機が政治的外圧によるもので、それを推進した経営者が政権実力者によってポストに就いたものだとすれば話が違ってくる。2000年に民営化されて以降も政権が交代するたびに時の政権に近い人物が会長に就任した。朴泰俊氏の退任以降、後任の経営者が相次いで政治に染まり、長年守った原則が崩壊してしまった。一時は5兆ウォンを超えた社内留保も底を突き、サムスン電子を超えていた株価も半分にまで下落した。先代の血と引き換えに成し遂げた「鉄の神話」を復活させるためには、政界の外圧を阻んだ経営原則から取り戻すべきだ。
(引用ここまで)

 記事全文を引用したのに、立ち上げに協力した新日鐵への言及ゼロ。
 ま、韓国人的には認めたくない不都合な事実なので常にスルーされるのですけどね。
 地下鉄も高速鉄道も同様です。

 さて、ポスコが通年の純利益で赤字に転落。
 これ、韓国経済をちょっと知っているくらいの人だと「え?」ってなるようなお話。ポスコは健全経営が身上で、攻めない堅実な経営ということで有名でした。
 あのウォーレン・バフェット氏が「すべて満足」と言ってポスコ株を保有していましたね。バフェットの投資手法にきっちりハマるくらいに堅実な企業だったのです。

 「でした」、「だった」というくらいなので現実は変わっていまして。
 イ・ミョンバクが政権に就いたと同時に異常なほどにM&Aをする会長が就任した結果、「ポスコから現金が枯渇した!」なんていう事態になり、2014年にはバフェット氏もポスコ株をすべて売却
 パク・クネ政権になってからはイ・ミョンバク時代の腐敗に捜査の手が入ったりもしていました。

 いつの間にか乱脈経営に陥っていたのですね。もはや以前のポスコとの共通点は「製鉄会社である」というくらいなもの。
 そこに中国の過剰生産も加わり、鉄あまりが叫ばれて一気に創業以来の赤字転落。
 ひとつの失策なら取り返せるけど、そこに業界全体の業績悪化となるとどうにもできませんね。

 しかし、ポスコが赤字転落……かぁ。象徴的ですね。ホントに。

中韓産業スパイ
渋谷高弘
日本経済新聞出版社
2015-12-04