「韓国型戦闘機、10年以内に開発終える」(中央日報)
韓国型戦闘機、2021年目標に開発着手 米核心技術なく難問山積(ハンギョレ)
防衛事業庁とKAIはこの日、具体的な今後の日程を初めて公開した。

2019年9月までに設計完了→2021年にKF−X試製機6機出庫、4年間の試験飛行→問題点の補完後2026年6月までに開発完了−−だ。10年5カ月間の開発が予定通りに終わる場合、2032年までに120機を生産する。

イ・ミョンファンKAI戦略広報チーム長は「KF−X核心装備のAESAレーダー、任務コンピューター(MC)、電子光学標的追跡装備(EO TGP)など約90品目を国産化する」とし「価格基準で国産化率65%が目標」と述べた。1兆ウォンの航空機1機を製造する場合、6500億ウォンほどを国産にするということだ。また「防衛事業庁と共同で2026年6月の体系開発終了まで『KF−X政府委員会』を構成し、体系的なリスク管理を進めていく計画」と伝えた。
(引用ここまで)

 韓国の次世代戦闘機計画KF-Xが正式にプロジェクトとして認定された、ということですね。
 これまで公式には公開されてこなかった工程表も出てきました。まあ、これまでのものと大きく差はないのですが。
 3年半で設計完了、そこから2年で試作機を6機(うち1機はインドネシアに譲渡)。
 2026年半ばに開発完了。
 以前は2025年までとされていたのですが、去年の技術移転騒動で遅れが出たのでそれを反映したスケジュールになっているとのこと。

 ま、古今東西ありとあらゆる戦闘機のプロジェクトで遅延がなかったものはありません。
 予算超過がなかったものもないですかね。
 しかも、これまで戦闘機開発を続けてきた国であってですらそう。
 自分たちの要求とできることがよく分かっていたグリペンですら遅延してますからね。

 これまで一度も戦闘機を開発した経験のない国がやろうとしているのですから、どんな紆余曲折があるかも不明。しかも、作ろうとしているのは「ぼくのかんがえたさいきょうせんとうき」。
 それなのにお値段は1機70億円というお買い得なもの。
 完成することができたら世界のベストセラーになるんじゃないですかね。F-16が4500機でしたっけ?
 KF-Xがアナウンスされているとおりのスペック、および価格で完成できたら1000機くらいのセールスは行けるんじゃないでしょうか。

 完成できたらね……。