慰安婦合意:米高官の「妄言」に在米韓国系団体が謝罪求める(朝鮮日報)
 「韓国系米国在住者による慰安婦問題市民運動を中止しろと言うのか?」

 米ニューヨーク在住の韓国系コミュニティーは、トニー・ブリンケン米国務副長官が先日の韓日慰安婦問題合意を尊重し、韓国系の人々に慰安婦問題に関する活動を自粛するよう求めた発言に対し強く反発している。

 ブリンケン米国務副長官は18日、日本のNHKとのインタビューで、「我々は米国国内を含めすべての人々に両国の合意を支持するよう求めており、合意の精神に基づいて行動することを望む」と発言した。

 これに対して、「ニューヨーク韓人保護者協会」チェ・ユンヒ共同会長は19日、ニューシスの取材に「米国務省の副長官ともあろう人物が、このように非常識な言葉を発したことが信じられない。慰安婦問題は後世にわたって教育すべき人権問題なのに、騒ぎ立てるなとは、一体何を言っているのか」とあきれた様子で語った。

 そして、「慰安婦問題をはじめとする日本帝国主義の犯罪はナチスのユダヤ人に対するホロコースト(大量虐殺)と同等なのにもかかわらず、ブリンケン米国務副長官はナチスのホロコーストに対して口を開くなと言えるのか、問いただしたい」と指摘した。

 その上で、「米政府の高官が人権を無視し、反教育的な妄言を並べたことは座視できない」と、米国務省に謝罪を要求する抗議書簡を送ることを決めた。また、ニューヨーク州の公立学校で慰安婦に関する歴史教育を義務化する法案を発議したトニー・アベラ同州上院議員と連帯するなどの対応を取ることにした。

 韓国系コミュニティーでは、ブリンケン米国務副長官の発言が個人的な見解とはいえ、今後の慰安婦運動に深刻な悪影響を与えるものと判断、「これを機に韓国系在住者が一丸となって対応しなければならない」という声が上がっている。

 また、「日本戦犯旗退治市民運動」のペク・ヨンヒョン共同代表は「日本の謝罪や賠償という合意の誠意があるなら、慰安婦碑や少女像を守って慰安婦問題に関する歴史教育をするという話が出るのが普通だ。慰安婦問題合意は口をピクリともさせるなという合意なのか。人権教育のための米国内市民運動まで規制しようとする一切の動きに対し断固抵抗していく」と強調した。
(引用ここまで)

 いやぁ、違うなぁ。大きく間違っている。
 受け止めかたが間違っているんですよ。慰安婦問題をどうこう言っているんじゃないし、人権問題をどうこう言っているわけでもない。
 国務省副長官、つまりいまの国務省長官がどうにかなったら臨時で長官をするレベルの人ですよ。
 なんの意図もなくこんな話をするわけがないですよね。

 要約すると「おまえらうぜえから黙れ」って言われてるんですよ(笑)。
 慰安婦合意直後には国務省の副報道官から定例記者会見でほぼ同じニュアンスの言葉がありました。
 今回は副長官とさらに上からの位置からの「お願い」が出たわけですね。

 これ、さらにいうのであれば「もうその行動は無駄だからやめろ」という宣言でもあるのですよ。
 議員の活動であればどうしようもないけど、アメリカ政府という単位ではもう慰安婦の話題を取り扱わない。
 ……というよりも、韓国系団体を相手にしないということですね。
 少なくとも現行の政権が続くかぎりは相手にしない。

 もちろん、その理由は慰安婦問題の真実を知ったからとかではなく、アメリカの外交方針に反しているからっていうだけなのですけども。

 まあ、それでも少なくともオバマの任期であるあと1年は確実に相手をしないっていうのはありがたいかな。