慰安婦合意:全北・南原で「平和の少女像」建立運動(朝鮮日報)
釜山総領事館前にも少女像?=地元大学生らが呼び掛け−韓国(時事通信)
 全羅北道南原で「平和の少女像」建立を目指す市民運動が展開されている。

 南原平和の少女像建立市民推進委員会は19日、長年苦しんできた従軍慰安婦被害者の人権と名誉回復のため「南原平和の少女像」建立に向けた市民運動を展開すると発表した。

 予定では、今年5月ごろ旧南原駅舎(丁酉〈ていゆう〉再乱〈慶長の役〉で『南原城の戦い』があった場所)に設置する。建立費用は、市民推進委員を3000人募集して、1口当たり1万ウォン(現在のレートで約978円。以下同じ)の募金で3000万ウォン(約293万円)を集める計画だという、
(引用ここまで)
韓国の国立釜山大の総学生会が、釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像を建てるため、キャンペーンを始めた。総学生会の劉永鉉会長が19日、明らかにした。
 日本の植民地支配からの解放記念日である8月15日までに建てる計画で、釜山の4年制大学11校に協力を呼び掛けている。5500万ウォン(約530万円)を目標に募金活動も行う考えだ。
(引用ここまで)

 もうひとつ、朝鮮日報なので期限切れになってしまっているのですが、烏山市というソウルの南にあるところでも慰安婦像を建てようという運動が行われているそうです。
 こちらも全額を寄付でまかなう予定で、目標額は5000万ウォン。
 ざっくりとですが建てるのに3000〜5000万ウォンくらいを目標額としていることが多いようですね。

 去年の年末までに30体だか31体だかの慰安婦像が韓国国内にあって、3体が韓国国外に存在しているそうですわ。
 イ・ミョンバクは「日本がこのままなら第2・第3の慰安婦像が建つだろう」って予言していましたが、桁が違いました。

 んでもって、さらに3件。国外も含めて37件。その1件ごとにざっくりと4000万ウォン必要になったとしましょうか。
 慰安婦像を建てるためだけの費用で1億5000万円くらいかかってますね。
 日本政府が財団設立に供出する10億円の1/7弱をすでに費やしているのですよ。生存している慰安婦が40人くらいでしたっけ?
 ひとりにつき400万円くらいは渡すことができますね。
 住む場所さえあれば何年分かの生活費になる額を、ただの嫌がらせに費やしているわけです。

 そのおかげというべきか、民間レベルでの日韓離間はしっかりと進みましたね。
 おめでたいことです。色々と。