ソウル地下鉄に凶器男、乗客は80分間無防備(朝鮮日報)
 26日午前8時24分ごろ、ソウル地下鉄1号線の電車運転手に非常事態を知らせる電話があった。乗客が電車内に設置された非常電話で連絡してきたものだった。市庁駅から鐘閣駅に向かっていた電車の3号車で、ホームレスの男(51)が懐から長さ25センチメートルの果物ナイフを取り出し、乗客に向かって2−3回振り回したのだった。

   男の行動に驚いた乗客は、電車が鐘閣駅に停車すると、「おかしな男がいる」と叫びながら下車し、一部の乗客は男を避け、別の車両に逃げた。しかし、男は大混乱に陥った電車から悠々を降り、鍾路3街方向に向かう後続電車に乗り、凶器を所持したまま1時間20分も乗り続け、ソウル駅で警察に身柄を確保された。1日平均720万人(2014年現在)が利用するソウル地下鉄の乗客が男に襲われる脅威に無防備のままさらされた格好だ。 (中略)

 男が乗った電車が鐘閣駅と鍾路3街駅の間を走行していた午前8時27分ごろ、地下鉄保安官(40)は車内で独り言をつぶやく男を発見し、鍾路3街駅で車外に追い出した。男は普段ソウル駅でホームレス生活を送っており、担当警察官の間では顔が知られていたという。しかし、警備員は男がわずか7分前に地下鉄車内で凶器を振り回していた事実を知らずにいた。警備員が事件の通知を受けたのは午前8時36分ごろだった。 (中略)

 今回騒動があった地下鉄1号線を運行するソウルメトロのマニュアルには、「電車内で凶器による騒ぎがあった場合、総合管制所が運転士と各駅の事務室に放送や文字メッセージで事件発生の事実を知らせ、後続列車を停車させ、保安官と駅職員が車内を捜索する」と規定されていた。しかし、今回鍾路3街駅で男を発見した保安官が事件発生の事実を通知されるまで発生から16分かかった。マニュアルが機能しなかったと言える。
(引用ここまで)

 おやおや、おかしいですね?
 聯合ニュースの日本支社長(2008年当時)曰く「秋葉原大量殺人事件のような事件は韓国では起こらない。警官が来る前に皆で取り押さえるからだ」ってことだったのですが。
 取り押さえるどころか、乗客は放置。それどころか警備員からも放置。
 「長さ25センチの果物ナイフ」なので、刃渡りとしては大したものでもありませんけども、もちろん凶器として使うことができたでしょうね。
 やっぱりこういう通り魔的な犯人に対してはなにもできないのですよ。
 それが人間というものです。

 もうひとつ、地下鉄職員が「こういう事態においては逐次連絡をする」というマニュアルを守れていなかったという指摘もありますね。
 韓国人はマニュアルに無頓着というか、気にしないのです。
 その結実した形がセウォル号の沈没事故だったのですが。
 今回の事件もプチセウォル号事件と言えますかね。

 先の聯合ニュースの日本支社長も「韓国人は日本に来るとマニュアル社会であることに憤慨する」って言っていましたが、その例が「他人名義の携帯電話を使っていたがなくしてしまったので通話を止めようとしたのにできなかった。もっと柔軟にしろ」っていうもので苦笑せざるをえない。
 韓国からやたらと「日本はマニュアル社会で硬直化している」なんていう指摘がありますが、それはマニュアル云々以前にルールを守れない人間の言い訳なのですよね。
 マニュアルっていうのはなんだかんだで必要だから生まれているなのですが、韓国人のいう「マニュアルにない対応をしろ」っていうのは常に「自分を特別扱いしろ」ってだけの話なのです。

 今回の事件の連絡未達も「人間としてマニュアルを無視して柔軟な対応のできる韓国人」を象徴していたんじゃないでしょうかね。
 韓国人にとってはそんな社会のほうが住みやすいのかもしれませんが、日本人以前に人間としてそんな社会はお断りしたいものです。