韓国造船3社、1月の船舶受注は0件(中央日報)
韓国造船3社が先月1隻も受注できなかったことが分かった。

2日、韓国メディアの韓国日報などが造船業界を引用した報道によると、大宇造船海洋、現代重工業、サムスン重工業など韓国造船3社の先月の受注は0件を記録した。

造船3社は昨年1月にタンカーやLNG(液化天然ガス)運搬船など18億ドルを受注していた。

これについて韓国造船業界は、世界最大の海運企業 A.P.モラー・マースクなど一部の海運企業が昨年構造調整に着手してコンテナ船の発注が激減したうえ、原油安でLNG船の発注も無くなったことから実績が不振に陥ったと見ていると韓国メディアは伝えた。
(引用ここまで)

 大宇造船、現代重工、サムスン重工のいわゆる3大造船会社が1月の受注ゼロ。
 海洋プラント事業で3社合わせて2年で1兆円規模という多額の赤字を垂れ流している状況なので、受注を抑えているのか。
 あるいは受注できない状況なのか。
 受注させてもらえないのか。
 微妙なところ。

 造船の受注は言ってしまえば数年先の予約のようなものなので、やろうと思えばできるはずですが。
 世界的な造船不況と造船三社の都合が重なってこうなった……というのが実際のところかな。

 これが実際にどう効いてくるのかは年間を通してみないと分かりませんが、「大手三社が1ヶ月受注ゼロ」というのは現在の韓国造船業界が置かれている状況の象徴として受け取れるってところですかね。
 バルク船あたりを建造している中堅は日本にやられて、大手は受注ゼロ……か。

 ちょっと前まで「海洋プラントは高利益率で日本の造船業界がもはや届かないところに到達したのだ」みたいに言っていたのですけどねー。