光州で日韓慰安婦合意無効に促し文化祭開いて(ニューシス/朝鮮語)
光州地域の市民社会団体が日韓慰安婦合意無効化を促す文化祭を開き、再交渉を促した。

勤労挺身隊おばあさんと一緒に市民の会と民族問題研究所光州支部などは3日午後、光州東区5・18民主広場で「日本軍慰安婦屈辱の合意全面無効化を要求する市民文化祭」を開催した。

文化祭には、地元のアーティストや市民など100人余りが参加した「椿は泣いた」詩の朗読、パーカッショングループのオルス、バリトンのイ・ホミン、バンドであるプロローグ・ジョアンブロ、国楽グループ フィフィラックラック、歌手キム・ウォンジュンの公演順に進行された。

イ・ソンウン設置作家が制作した6mサイズの大型風船「平和の少女像」も姿を披露した。

日本軍慰安婦被害おばあさんたちの闘争を応援するための様々な形式の芸能も披露された。平和の少女像造形物を背景に裸足で椅子に座って、しばらく瞑想の時間を持つ体験イベントも開かれた。

市民は「韓日合意前面無効」「慰安婦の涙は引取対象ではありません」と書かれたプラカードを持っ政府の慰安婦合意を批判した。

民族問題研究所光州支部の関係者は、「昨年、両国間の慰安婦の合意がなされた後も、慰安婦動員の強制性を否定していた日本政府の従来の立場は変わらなかった」とし「交渉の主体である被害者を排除した合意は、正当性がない。再交渉をする必要がある」と述べた。

市民の明鏡官(43)氏も、「政府は、歴史的に国民に洗うことができない恥辱であり、屈辱的な合意をした」とし「被害者の要求を排除した加害者とその同調者による野合に過ぎない」と指摘した。
(引用ここまで)

 6mの風船慰安婦像の画像がこちらになります。

6m_01

 ……なんの悪夢ですか。
 もうひとつありましたので、こちらもどうぞ。

6m_02

 ……プロジェクションマッピングされてる(笑)。

 さて。
 いわゆる慰安婦合意に関して、こんな市民集会ができてかつ6メートルの風船慰安婦像を展示できるくらいの社会的認知がある、ということですね。
 そこからの拡がりがあるのか、国民全体に受け入れられているのかどうかは不明ですが。

 しかし、6メートルでも全身像だと大したプレッシャーにもならないなぁ……。
 18メートルのお台場ガンダム、もしくはテコンV(111メートル)くらいの大きさにすると国際的にも注目を受けると思いますよ。
 ぜひ、大きさを競うようになってほしいですね。