北ミサイル:韓国軍は旧式PAC2で迎撃できるのか(朝鮮日報)
 国防部が明らかにした迎撃方針は、北朝鮮の長距離ミサイルが、国際機関に通告した軌道の通りに飛んだ場合には適用されない。予告された軌道をそれて、ミサイルやその残骸が韓国領に落下したり領空を侵犯したりする場合に迎撃する、ということだ。1998年以降、北朝鮮は5回の長距離ミサイル発射を行ったが、韓国領に残骸などが落ちたことはない。2012年4月に北朝鮮が発射した「銀河3号」については、発射135秒後に高度151キロで空中爆発、残骸がペンニョン島近海に落ちており、これが最も近いケースといえる。

 今回、「実際の状況」が生起したとして、韓国軍が豪語した通りにきちんと迎撃できるかどうかについては疑問が提起されている。韓国軍が現在保有している弾道ミサイル迎撃用のミサイルは、パトリオットPAC2だけだ。PAC2は、もともと航空機撃墜用に開発されたものをミサイル迎撃用に改良しており、迎撃能力は新型のPAC3をかなり下回る。PAC2は、目標の近くに飛んでいって爆発し、敵のミサイルを迎撃する「破片型」だが、PAC3は、目標に直接ぶつかって破壊する「直撃型(Hit-to-Kill)」だ。直撃で破壊しなければ、敵のミサイルの破片などによって被害が生じかねない。
(引用ここまで)

 さんざんアメリカがTHAADを配備しろって言ってきたのは第一義的には対北に必要な装備だったからですよね。
 でも、それに対して「北朝鮮のノドンやテポドンに特化した韓国型MD(ミサイル防御)があるから大丈夫だ!」って言い続けてきて、中国の顔色をうかがってきたのは韓国自身でしょ。「韓国型MD」なんてまだ影も形もないのに。
 こういう事態になってから「PAC2じゃ無理だ!」って……分かりきったことでしょう。

 ちょっと前にTHAADを対中カードとして扱っていたように、実際に使う戦力ではなくあくまでも米中等距離外交に使うカードとしか考えていなかった。
 軍の装備にはそういう側面もあるのですけども、韓国はそれだけを強調しすぎているのですよね。

 韓国の特徴なのですが、観念だけが先走りすぎるのですよ。
 そして観念が常に正しく、事実はその後ろに隠れる。なので事実から目をそらし続けるのですが。
 時折、こうやって事実がその観念を追い越してしまうことがあるのですね。

 まあ、それで熱さがのど元を過ぎてしまえば、また例によって例のごとくなにもなかったかのように、韓国へのTHAAD配備をカードとして使い始めるのでしょうけどね。