2016年台湾地震救援金を受け付けます(日本赤十字社)

 韓国からは東日本大震災で援助があったことに対して、盛んに「寄付をしたのはキム・テヒであることを忘れたか」とか「韓国の救助隊が一番乗りだった」とか恩着せがましく言い続けられてきましたね。
 挙げ句の果てには「MERSで韓国は苦しいから援助すべきなのに、そんな声がひとつも上がらない」なんていう言いがかりまでされてきました。

 台湾で起きた地震はどこからともなく「援助したいね」「窓口どこだろう」って話が自然発生的に出てきたのですよね。Twitterなんかでも話題になっています。
 東北では台湾の寄付金で建てられた病院をはじめとして「お返ししなくちゃ」っていう話になっているそうです。
 個人的には「そこまでの地震でもないんじゃない?」と思わなくもないのですが。
 でもまぁ、赤十字に窓口ができたのですから2万円くらいは寄付しようかなと思っています。

 んで、面白いのはこのふたつの国に相対している日本による……というか、日本人による態度の対比ですね。
 かたやTwitterで#prayforkoreaなんてハッシュタグを使ってもまったく反応なし。
 かたやAsusの公式Twitterにすら「大丈夫でしたか?」なんて問い合わせが行くくらいに心配をしている。

 日本人は台湾からの恩を忘れることはないでしょうね。
 その一方でイ・ミョンバクの行動や、パク・クネの暴言を忘れはしません。 
 人間なのだから当然のことですけども。