[社説]ますます矛盾が深まる「慰安婦合意」(ハンギョレ)
 「12・28韓日慰安婦合意」の矛盾が露呈している。 憂慮されたとおり韓国国内での軋轢が増し、加害者である日本は言い逃れる。 今からでも新たに解決法を模索するのが正しい道だ。

 日本政府が拠出することにした10億円(102億ウォン)を被害者ハルモニ(おばあさん)に個別的に恩恵が戻る「純粋支援費」中心に使うと韓国外交部が4日発表したのは自己矛盾だ。日本は一度だけ金さえ出せば済むのはもちろん、財団の設立や運営・事業資金の大部分は韓国が引き受けなければならないためだ。 これは合意内容にも反する。 当時日本は「両国政府が協力して被害者の名誉と尊厳の回復、および心の傷を治癒するための事業を行う」とした。 今はこの責任を韓国政府が負うと言っている。 加害者がしなければならないことを、自ら一手に引き受けるとは愚かとしか言い様がない。

 日本側がますます厚かましくなるのは、ある意味当然だ。 日本軍や官憲が直接慰安婦を強制連行したことを立証できる証拠はないという立場を日本政府が韓日合意以後に国連に伝えたことが代表的だ。 慰安婦問題を日本軍が主体で犯した国家犯罪ではなく、一部業者の逸脱に矮小化したのだ。 これに対して韓国政府が「枝葉的な協議の強制性」といった問題には巻き込まれないという中途はんぱな態度を見せたことは、また別の屈辱だ。日本はほとんど何も変わっていないのに、先に折れて出るのは外交とは言えない。

 このような矛盾が生じる根本原因は12・28合意そのものにある。 日本の法的責任を全く問わずに「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決」を宣言したことは、反歴史的越権だった。 韓国政府が見せる卑屈な姿は、合意の文面にしばられている限り今後も続く可能性が高い。 韓国政府は日本側の誤った態度に対してはほとんど口を閉ざし、多数の被害者ハルモニと市民社会に対しては対決的な姿勢まで見える。 この構図はかつて親日附逆(反民族的親日)官僚らが同族を押さえ込んだことと同じだ。
(引用ここまで)

 ハンギョレは懸命になって「慰安婦合意の不法性」というものを喧伝しています。
 もうキャンペーンと言ってもいいレベル。
 ですが、どうも汎韓国の運動にはなり得ないんじゃないかなと。
 もちろん、反対している人は多いのですよ。でも、雰囲気としての反対であって、それで政権打倒とかそこまでいかない。

 合意直後には世論調査があったのですが、反対が多かったり賛成が多かったりしていて、なんとも総体としての韓国の動きが伝わってこない。
 その後の変化の調査というのはないのですよね。
 ま、これは日本でもありませんが。

 一部勢力が「慰安婦像を守るテント隊」みたいにして、日本大使館前の慰安婦像に24時間のピケを張ってはいますが。
 じゃあ、それが韓国全体に拡がるかといったらそういうわけでもない。
 日本の国会前で安保法制でデモをやっていた連中に対して、日本人の多数が支持していたかというとそういうわけではない。構造的にはそれと同じことなんじゃないかな、と思われます。
 大多数の人間にとっては日常の生活のほうが優先されていますからね。そんなものより経済政策やってくれよっていうのが実際かな。

 そんな状況でもハンギョレはキャンペーンを張っているわけですが。
 その理由が「政権批判」に他ならないのですよ。
 お為ごかしなのですよね。

 もう、なにをどうしようとも韓国の国内問題に他ならないので、韓国国内でもめる分には楽しくウォッチできているわけです。
 火の粉が飛んでこなければいいか、というところでしょうか。