「なぜ韓国人は日本に観光客を奪われても腹を立てないのか」(朝鮮日報)
外国人観光客に「最悪の味」を提供する明洞の飲食店(朝鮮日報)
 韓国観光協会中央会の崔魯錫(チェ・ノソク)副会長は「外国人観光客が韓国を訪れる最大の目的がショッピングである以上、免税店は重要な観光目的地だ。日本とのサッカーの試合に負けると腹を立てる韓国人がなぜ観光客を日本に奪われることには腹を立てないのか」と話した。
(引用ここまで)
 今月10日、ソウル・明洞にあるトッポッキ(餅の甘辛炒め)専門店を訪れた。メニューにはトッポッキだけでなくサムギョプサル(豚バラ肉の焼き肉)、参鶏湯(サムゲタン)、海鮮ビンデトク(緑豆チヂミ)などの料理名が韓国語と中国語でびっしりと書かれていた。1人分(250グラム)で2万4000ウォン(約2400円)のサムギョプサルを注文すると、40分ほどして店員がキッチンで焼いた肉を皿に盛って持ってきた。値段は一般的な飲食店より高い上に、メニューに載っている写真より肉ははるかに薄く、そのくせ硬くてかみ切れなかった。

 隣のテーブルに座っていた香港からの観光客2人は、1万5000ウォン(約1500円)のチヂミ1枚とキムチチゲ2人分(1万6000ウォン=約1600円)を食べていた。チヂミを一口食べた2人は「テリブル(terrible, ひどい味だ)!」と言って顔をしかめた。チヂミは片面が真っ黒に焦げていた。食事を終えて出てきた中国人観光客(22)は「韓国料理はおいしいという旅行記を読んで韓国を訪れたが、きょうのランチは最悪だった」と話した。

 韓国を訪れる外国人観光客が必ずと言っていいほど立ち寄る観光地・明洞には、外国人相手の飲食店が350店以上も軒を連ねる。明洞観光特区協議会によると、このうちサムギョプサル・参鶏湯などの韓国料理を提供する店は6割ほど。しかし一部の飲食店はひどいレベルの料理を「何でも屋」方式で何十種類も準備し、法外な値段で提供して観光客の不満を買っている。

 明洞の一部飲食店には「看板メニュー」がない。サムギョプサルが目当ての中国人観光客が多いことから、トッポッキ専門店やサルグクス(米麺)専門店までもがサムギョプサルを提供している。トッポッキ、サムギョプサル、チャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)を全て提供する店も少なくない。飲食店の集まる約200メートルの通りでは、全71店舗のうち看板に書かれているメーンのメニュー以外に2種類以上のメニューを提供している店は15店(20%)もあった。 (中略)

 このような飲食店を利用した外国人の反応は冷ややかだ。観光で韓国を訪れたインドネシア人のベラさん(22)は「種類は多いがほとんどはひどい味(disgusting)だった」と話した。中国から来たレオンさん(20)は「サムギョプサル2人分とチゲ(鍋料理)一つ頼んだだけで6万4000ウォン(約6300円)も取られた。ぼったくられた気分だ。その上、味もあまりにひどくて驚いた」と語った。

 一方、日本の飲食業界は「特性化」戦略と品質管理によって観光客を引き寄せている。大阪には「インスタントラーメン発明記念館」「チキンラーメンファクトリー」など、日本の伝統的な「ラーメン」の歴史を学び、ラーメン作りも体験できる観光商品まである。日本各地の有名ラーメン店10店を1カ所に集めた福岡の観光スポット「ラーメンスタジアム」は、客の評価が低い店舗を撤退させるというシステムで味と価格を管理している。 (中略)

 明洞の飲食店の間で自分の首を絞めるような競争が始まったのは、中国人観光客の急増が最大の理由だとされる。スンデ(豚の腸詰め)やトッポッキのような軽食をメーンに扱っていた露天商たちが、中国人観光客を狙ってサムギョプサルやトッカルビ(韓国風ハンバーグ)のような料理を出し始めたため、これまで観光客でにぎわっていた韓国料理店も多種多様な料理を高価格で提供するようになったというわけだ。漢陽大観光学部のイ・フン教授は「観光客に低質な料理を提供して法外な値段をふっかけるのは、観光客に『もう来ないでくれ』と言っているのと同じだ」と指摘した。
(引用ここまで)

 「日本に観光客を奪われている」のではないでしょ。
 韓国人はあくまでも「観光日韓戦」を戦っているつもりのようですけども。

 ぼったくりタクシーにしろ、ぼったくりレストランにしろ、ツアーのやる気のない行き先にしろ、韓国は明白に観光客を適当にあしらっている。
 一度来てくれればそれでいいという考えかたで、ぼったくっても観光客は次から次にきてくれた。特に中国人観光客は雨後の竹の子のように増えていたのですよ。

 でも、円安局面になって日本が観光先として大きくクローズアップされてきたと。
 そのシーンの中で観光客が日本に流れたのであれば、それは韓国そのものの問題。

 上の記事にありますが「韓国に観光に行く最大の目的がショッピング」なのであれば、その買い物をいい気分でできなければ二度目はないなんて当たり前。
 明洞は典型的な観光地なので「観光地料金」があっても仕方ないとは思いますけども。
 観光地料金の上に出てくる料理が最悪。
 「じゃあ、買い物だけして食事はしないでおこうよ」とか、最終的にはその国自体に行かなくなってしまう。
 東京ディズニーリゾートが値上げしても集客できているのとは真逆のことをやっているわけですから。

 特に近隣からの観光客の場合、どれだけリピーターになってもらえるかが鍵。
 そこでしか体験できないものがあれば来てもらえるのですよ。
 でも、韓国が提供している体験はぼったくり。
 うちも取材目的じゃなかったら行きませんし、行ったとしてもスーパーで食料を調達してろくにレストランに入らないのは、こういう面が大きいからなのです。
 最悪、日本から持っていったカロリーメイトとかで過ごしてしまいます。移動が多いというのも理由の一つですけどね。
 韓国を訪れる日本人観光客が激減しているのは、嫌韓傾向が大きな要因であるとは思いますがそれだけが原因ではないと思いますよ。

一泊二日で小籠包を食べに行くとかもよいですよね。