「親日人名辞典、当校は買いません」(朝鮮日報)
 ソウル市教育庁が管内の中学・高校に「親日人名辞典」を購入せよとして組んだ予算に対し、ある私立高校が「返納」の意向を表明した。「親日人名辞典」とは、韓半島(朝鮮半島)がかつて日本の支配を受けていた時代、日本に協力したとして、左翼系の民族問題研究所が一方的に「親日」とレッテル貼りした4389人について、その行跡などを紹介するため同研究所が2009年に発行した人名辞典のことだ。ソウル市竜山区のソウル・デジテック高校は11日、「教師会議と学校運営委員会で協議し、親日人名辞典の購入予算30万ウォン(約2万8000円)を返納することに決めた」と発表した。1校に30万ウォンずつ、合計583校の中学・高校に割り当てられた親日人名辞典購入予算を返納することにしたのは同校が初めてだ。こうした返納決定がソウル市内の他校に広まるかどうかに注目が集まっている。

 2014年12月に当時の新政治民主連合(現在の「共に民主党」)所属議員が多数派のソウル市議会が、親日人名辞典を各校に配布するための予算案を提出・可決させた。「ドイツでナチスの過ちをありのままに教えるように、韓国も親日について徹底的に教育すべきだ」という理由からだった。しかし、民族問題研究所が発行した親日人名辞典は発行前から公正性・客観性をめぐり議論があった。1905年に乙巳条約(日本での呼称:第二次日韓協約)を批判する論説「是日也放声大哭」を書いた張志淵(チャン・シヨン)を掲載した一方で、親日だと取りざたされた左派系の人物は除外するなど、それぞれの人物に対する歴史的功罪評価が恣意(しい)的だと批判の声が上がっているためだ。

 ソウル市議会で予算案が可決されて以降、教育・市民団体や保護者団体などは「政治的・理念的に偏向した親日人名辞典を学校の図書館に置いてはならない」と強く反発した。予算執行を1年間先送りしてきたソウル市教育庁は4日、管内の中学・高校583校(公立311校、私立272校)に予算額1億7490万ウォン(約1600万円)を支給、今月26日までに予算執行状況を報告するよう指示した。親日人名辞典は1セット3巻からなり、価格は30万ウォンだ。

 ソウル・デジテック高校のクァク・イルチョン校長は11日、本紙の電話取材に「まだ客観性が確かでない本の購入を学校が強要されるべきではないと判断した。歴史教育の参考になる別の本を買ってもいいか教育庁に12日に問い合わせ、もしだめなら予算30万ウォンを返納することにした。教科書選定や参考資料の購入は学校が責任と権限を持って決定しなければならない」と語った。

 これに対してソウル市教育庁関係者は「親日人名辞典を購入するという目的を明示して支給した金額なので、学校は予算執行の義務がある。学校の自主判断で予算執行するかどうかを決定することはできない」と述べた。

 韓国最大の教員団体「韓国教員団体総連合会(韓国教総)」は「教育庁は予算不足を理由に『ヌリ課程(満3−5歳に対する教育・保育課程)』の予算は組まないのに、学界で理念論争がある本を一括配布しようとしているのは理解しがたい」としている。同会の関係者は「学校が独自に親日人名辞典を購入するかどうか決定するべきで、教育委員会が強制してはならない」と言った。
(引用ここまで)

 解説が必要な記事ですね。
 現在のソウル市長であるパク・ウォンスンはゴリゴリの左派でして、北のシンパでもあります。
 韓国の代表的な市民団体を創設した人物で、かつ例のハーグで開催された女性国際戦犯法廷開催を主導した一員でもあります。
 韓国最悪の民主労総とも関わりの深い人物です。
 ちょっと韓国への知識がある人なら、この羅列だけでも「そんな人物がソウル市長に?」ってなるくらいのヒダリがかり具合です。

 これにチョン・モンジュンは敗北、それも完敗したのですから、若い世代が比較的多い都市部での保守派への不信感というのはとんでもないものがあるんですよね……。

 で、そのパク・ウォンスン市長が2014年の年末に「ソウル市の予算ですべての中学校・高校に親日派人名辞典を配布する」という政策を打ち出したのですよ。
 その時すでに楽韓Webでは「もうすぐ先祖がチニルパか否かで上級市民と下級市民に分かれるディストピアが産まれますね」という話をしました。
 ひとつ前のエントリにも連なる話ですが、大日本帝国に抵抗してきたという「国家としての正統性」において北朝鮮に劣等感を抱える韓国では現代に至るまでチニルパ(親日派)の糾弾は国家運営に欠かせない要素なのです。
 「国会議員○○の先祖はチニルパだ」って糾弾していた国会議員の祖父こそが本当にチニルパだったなんて笑えない話もいくつか出るくらいに。

 そんなものが選挙の争点になるくらいなので、教育にも持ちこもうという考えは当然です。
 左派の代表であるパク市長にとっては「独裁者であり、典型的なチニルパ」である朴正煕を父親に持つパク・クネを糾弾する手段くらいに思っているのでしょう。
 教育による洗脳はヒダリの常套手段ですしね。
 というわけでこの「親日派人名辞典」は左派のやりたいように編纂された、「辞典」とは名ばかりの保守派糾弾のための道具なのですよ。
 「どう見てもこいつはチニルパだろ!」っていうような人物であっても、現在の子孫が左派であれば記載しないというように、「チニルパ」を機械的に選んだというわけではなく一定の意図の元に選択されているのです。

 でも、そのための予算を返上する私立高校が出てきたと。
 おそらくは保守系の高校なのでしょう。この高校に対してソウル市、およびパク・ウォンスン市長がどんな攻撃を繰り広げるかがちょっと注目点でしょうかね。

 保守派は報道の自由を侵害して、自らを糾弾する人物を逮捕する。
 左派は保守派を売国奴の子孫だと糾弾する。公的予算でその祖先を糾弾する本を学校に買わせる。
 それを政治の場にまで持ちこむ。
 うん、ここは夢にまで見たディストピア。ビックブラザーは常にあなたがたを見張っているのです。

一九八四年 ハヤカワepi文庫
ジョージ・オーウェル
早川書房
2012-08-01