「百済、新羅が日本作った」が韓国の定説 東アジアにも領土
 キリスト、ソメイヨシノ、剣道……、様々な他国のものを何でも「自国発祥」にしてしまう韓国の“ウリジナル”(韓国語の「ウリ=我々」をもじった造語)だが、ついに「日本列島は古代朝鮮の領土だった」と言い始めた。

 朝鮮半島に「高句麗」「百済」「新羅」が鼎立した“三国時代”(4〜7世紀)に「百済が日本を植民地支配していた」と、古代史研究家で高麗大学名誉教授のチェ・ジェソク氏が主張するほか、韓国の大学で教鞭をとる日本人教授が「日本列島は古代高句麗領土」と仮説を述べているのだ。さらには、日本の地名や山、峠、島、寺院など27の名称に高句麗・百済・新羅・伽耶の地名が使われていることなどを根拠に「日本は古代朝鮮の直轄領土だった」というのだ。

 これらの主張に疑問を呈するのが、『日朝古代史 嘘の起源』の著書もある評論家の室谷克実氏だ。

「『魏志』には倭人伝の前に韓伝があります。それによると、百済は朝鮮半島に50ほどある国のひとつだった。一方、当時の日本には卑弥呼が統一した国がありました。そのような状況でどうやって百済が日本を支配するのでしょうか。

 また、韓伝には『(韓は)東西は海をもって限りとなし、南は倭と接する』との記述もある。つまり、朝鮮半島南部が倭人の地であったことを中国の史書が示しているのです」

 ここで、掲載した図をご覧頂きたい。これは、韓国の歴史研究家が自身のブログで公開した「朝鮮三国時代の勢力図」を元に本誌が再現したものだ。
(引用ここまで)
珍説韓国領土

 画像も同じ記事から。
 実はこれ、ものすごく無慈悲な反論があるのです。
 反論というか、それを言ってくる韓国人をやりこめる方法というべきかもしれませんが。

 「へえ、古代の韓国人って日本を征服して、中国東部も勢力圏に置いていたんですか。それはすごいですねー」と、一度持ち上げておくのですよ。
 でもって、「だったらなんで現代の韓国は朝鮮半島の南半分だけなんですか? ああ、古代と違って現代の韓国人はものすごく弱体化しちゃったんですね。領土何百分の一くらいになったんです?」っていう。

 これ、実際に某大学の大学院に留学にきていた韓国人の学生に言われたので、アドリブで言い返したことなのですよ。「かつて韓国は日本はもちろん、中国まで支配していた」っていう妄想なのですが。
 英語で話していたのですが、これを言った途端に韓国語で罵詈雑言を浴びせられましたけどね。

 さて、陸軍の教育でこの記事と同じような歴史教育をしているのです。少なくとも20世紀終盤にはそうしていたことは間違いありません。
 大朝鮮帝国史というマンガがありまして、これがちょうどこの陸軍での歴史教育をマンガにしたようなものなのですね。んー、どうにかして入手したいものである。これとファン・ウソクの記念切手は韓国ウォッチャーとして持っていたいのですよね。

 この捏造古代史を楽韓さんでは「優秀な韓国人史観」と呼んでいるのですが、時々こうして出てくるのですよ。
 おそらくは韓国人の意識の裏側に常に流れていて、それが時折なんらかのきっかけで噴出してくるのでしょうね。

 ちょっと前の「漢四郡は朝鮮半島にはなかった」という言説も同じことですが、古代の韓国が優れていただのなんだの言うことで、自分たちの現状の矮小さを打ち消せるつもりなのでしょうかねぇ……。冷静になって考えたらますます惨めになるだけなのですが。