【寄稿】ゴッホを落札した齊藤了英はなぜ没落したのか(朝鮮日報)
 絵に投資するか、株式に投資するか。それともマンションに投資するか。経済学者であるとともに毎年『韓国の絵画価格指数』という報告書を出している崔廷杓(チェ・ジョンピョ)建国大学教授は、絵画市場の専門家だ。以下は、崔教授の分析。「米国における、1950年から2000年までの絵画の年平均実質収益率は8.2%、株式投資の収益率は8.9%、社債の収益率は2.2%だった。絵画市場の歴史が短い韓国の場合、07年までの10年間で株価指数は4.2倍、絵画価格指数は7.4倍、江南のマンション価格は3倍になった」。絵画が投資の主な手段になっていることは明らかだ。

 絵画は風水の中心理論たる「同気感応」を誘発する良い媒体と考えられる。同気感応とは、同じ気運が互いに感じ合い、その結果として反応を見せることを指す。

 風水と山水画は、どちらも山と水を共通の対象にしているが、もともとその起源は一緒だ。このため、風水が絵画を同気感応の手段と見なす歴史は非常に長い。かつて中国の宗炳(375−443)は、よくできた山水画は見る者の目と心を画家のそれと感応させる、と語った。良い絵は人間を救うが、悪い絵は不幸をもたらしかねない、ということだ。

 これに関して、ビンセント・ファン・ゴッホの諸作品は、風水的に見るべき良い事例といえる。ファン・ゴッホも、絵画と人間の間に一種の同気感応関係があると考えた。「1枚の絵を見て興味を抱くとき、私はいつも、自分でも知らないうちにこうした問いを投げ掛ける。この絵を飾って効果があり、適当な場所は、どの家、どの部屋のどの場所だろうか。また、どういう人の家庭だろうか」

 上の一文は、朴洪圭(パク・ホンギュ)嶺南大学法学科教授の著書『私の友人ビンセント』から再引用したものだ。朴教授は、ファン・ゴッホこそ真の「大地の画家」であって、彼が描いたものは「固定された大地ではなく、のたうつ生の大地だった」と語る。風水学者の立場から見て、ファン・ゴッホの大地観は興味深い。なぜならば、風水とは結局、大地をどのように認識するかに関するものだからだ。朴教授は、ファン・ゴッホの絵を「渦巻き技法」として把握し、それは人々に「目まい」を引き起こす、と語った。ファン・ゴッホが大地に見たものは、風水の用語でいう狂竜、すなわち狂った土地だった。土地が狂っていたか、そうではなく彼がそのように認識したのかは分からない。
(引用ここまで)
 んで、このあとに「不幸だったゴッホの自画像とも呼べるこの絵を買った日本人実業家は没落した」と続くわけですが。
 まあ、こんなところからもちょっと前に書いた「韓国人は日本のバブル破裂を理解していない」っていう部分が理解できますね。

 さて、この朝鮮日報の【寄稿】シリーズはなかなk面白いです。
 マスコミが書く一般的なニュースからも抽出可能ではあるのですが、韓国人の持つ「気持ち」とか「気分」といったものがより直接的に書かれています。
 ここで面白いのは「韓国人の持つ『風水』への視点」ですね。

 日本では考えられないくらいに、韓国人は風水を一般的に信奉しています。
 日本だったら新聞紙面に「風水的に云々」が掲載されるのは文化面あたりが限界でしょうが、韓国ではこうやって紙面上で「ゴッホの絵は風水としては○○〜」と書けてしまうのです。
 それも大学の教授が。

 日本からしてみたら「なにをバカなことを……」くらいなものですが、朝鮮総督府の記録なんかを見ても「こいつら風水風水ってうるさすぎるわ」って書かれているくらいに一般的。
 なので、韓国は「日本が韓国の気を絶つために鉄杭を埋めた」という謀略説が成り立ってしまうわけですね。
 まあ、その一方で金泳三が大統領として「日帝の鉄杭を韓国全土から引き抜いて、韓国が本来持っている英気を復活させる!」って宣言して事業をはじめた直後に通貨危機でIMF管理下に置かれたわけですが(笑)。

 そういう気分が韓国にはあるということを知っておくのは損ではないと思いますよ。

お金に好かれる! 金運風水
李家 幽竹
ダイヤモンド社
2014-12-15