ソウル大教授「日本は民主主義国家、韓国を勝手に侵略できない」(朝鮮日報)
 そして最後に、「日本は自衛隊法改正案(集団的自衛権)行使によりかつてのように危害を加えるのではないか」という一部の人々の懸念について、パク所長は「日本は民主主義国家という手続き上の条件があるため、韓国を勝手に侵略できない」と一蹴(いっしゅう)した。
(引用ここまで)

 安保法案が審議されている最中から、韓国国内では延々と述べられてきた勘違いなのですが。
 韓国はなんで日本が侵略してくるなんて勘違いしているんでしょうかね。
 自分たちの存在がものすごい価値のあるものだと勘違いしちゃってるんだろうなぁ……。

 そもそも、日韓併合だって苦渋の選択だったのですよね。
 地政学的な位置と形状として対露政策の要となっていただけで、本来であればあんな貧乏国は放置しておきたかったというのが本音。
 それ以前にどうにか独立させて朝鮮人だけで運営させられないものか、もしくは支援だけでどうにかできないかという試みも何度かしていたのだけども、やっていることは内輪もめだけ。
 挙げ句の果てに勘違いしたバカが元老である伊藤博文を暗殺しちゃって、併合やむなしって方向に落ち着いただけで。

 日米安保条約があり、かつ北朝鮮が一種の緩衝地帯として存在している現状ではなんの価値もないのですよね。
 さらに言うのであれば、冷戦中であってですらわざわざ侵略してどうこうするような価値はなかった。

 逆に問いたいですよね。おまえらを侵略して得られるものってなんだよっていう。