韓経:【取材手帳】「水素車の明暗」分けた韓日の政府支援(中央日報)
現代(ヒョンデ)自動車は水素車部門のトップランナーだ。2013年、蔚山(ウルサン)工場に世界で初めてツーソンix水素車の量産体制を整えて生産を始めた。だが国内では昨年末基準で29台だけが登録されている。日本は違う。トヨタは2014年末、現代車に続き水素車「ミライ」を出した。この車は昨年だけで500台余りが売れた。契約台数が3000台に達し、供給が需要に追いつかない。ツーソンix水素車のグローバル累積販売量(1500台)を上回る。

専門家たちは政府の支援政策がこのような差を生んだと指摘している。日本政府は620万円(約6700万ウォン)のミライを購入する時に1台あたり200万〜300万円(約2100万〜3200万ウォン)の補助金を支給する。一方で韓国政府は、地方自治体が購入すれば2700万ウォンの補助金を与えるが一般購買者には支援金を出さない。ツーソンix水素車の価格は8500万ウォンだ。補助金なしでは一般普及が事実上不可能だ。

水素充電所の普及も相当な差を見せている。日本は昨年、充電所80カ所を作った。2025年まで充電所を1000カ所に増やす計画だ。韓国は現在17カ所の水素充電所だけを持っている。2020年までに計80カ所を設置するというのが政府目標だ。
(引用ここまで)

 最大の問題は車体への政府支援じゃなくて、水素ステーションをどうするかということなのですよね。
 現状17基。去年年末の日経では10基ってあったような気もしますが、まあいいか。誤差の範囲ですし。
 以前の計画では2020年までに水素ステーションを23基にするということだったので、この記事では目標を80基とだいぶ上方修正されているようですけども。
 すでに日本には80基あるのですよね……。

 EVの時にも急速充電ができるのがヒュンダイ自動車の本社にしかない。しかも、EVが生産されていないので電源オフになっていたというような悪質な笑い話がありました。
 さすがに現在では急速充電ステーションが300基以上あって、2020年までには1400基にまで増やすということなのですが。

 韓国のパターンなのですが、こういうインフラを地道に整備していくっていうことが異様にヘタなのです。
 軍装備なんかでもガワだけは立派なのですが、行き着くところは共食い整備だったりします。
 なんとかして見栄えだけは整えるのですが、それを運営・運用できない。
 そんなところも先進国のなりそこない、なのです。

韓国はどこへ?
黒田 勝弘
海竜社
2016-02-15