世界1位製品…韓国、先進国型に移行する時(中央日報)
 洗濯機、ステンレス圧延製品、液晶表示装置(LCD)、貨物船、男性用シャツ…。この10年間、韓国が中国に「世界1位」の地位を明け渡した製品だ。2014年の場合、韓国が世界1位の地位を失った製品(18個)のうち半分(9個)で中国製品が1位になった。これは中国がこの10年間、世界1位製品を73%増やす間、韓国は停滞した結果だ。

韓国貿易協会国際貿易研究院と中央日報が分析した資料によると、2014年に韓国が世界1位の製品は64個で、2005年(59個)に比べて5つ増えた。2009年に74個と一時的に増えたが、2011年に61個に減った後、ほぼ同じ水準だ。

過去10年間の国別順位を見ても韓国は12−19位で停滞している。2014年の場合、前年比で世界1位製品が1つ減り、国別の順位も1つ落ちた13位となった。業種別には化学製品(22個)が最も多く、鉄鋼(11個)、非電子機械(7個)など3業種で「1位製品」が多かった。プロピレンなど17品目が新規1位品目に入った半面、製品重量10キロ超過洗濯機など18製品は他国にトップが移った。メモリー半導体など47品目は2013年に続いて1位を維持した。

その間、隣国の中国は躍進した。2004年に米国を、2005年にはドイツを抜いて初めて「世界1位製品最多輩出国」となった中国は、10年間にわたり世界1位を守っている。10年前に932個だった世界1位製品は2014年には1610個に増えた。韓国が世界1位製品を5つ追加で確保する間、中国は678個も増やした。

この10年間、韓国の「世界1位」製品を蚕食した国も中国だった。さらに深刻なのは中国の追撃で世界1位の位置づけを失いかねない製品が多いという点だ。韓国が世界輸出市場シェア1位の64品目のうち中国がシェア2位の品目は17個(27%)もある。このうち韓国と中国のシェアの差が10%未満の製品は9個だ。

これは韓国と中国が似た分野で競争しているからだ。実際、2014年基準で、韓国が世界1位製品を最も多く保有していた業種の化学(22個)・鉄鋼(11個)分野で、中国も世界1位製品をそれぞれ229個、192個確保している。また、韓国が昨年、繊維業種で世界1位を4つ失った半面、中国は同じ業種で1位製品を18個追加した。染色織物・ポリエステル繊維・染色繊維などはすべて中国が韓国を抜いて1位になった製品だ。

国際貿易研究院のカン・ネヨン研究員は「韓国が世界1位の多くの品目で中国と競争中であり、特に流入式変圧器・衣類付属品・車両用チューブなど一部の製品は中国がほとんど追いついた状況」と話した。

こうした理由で中国の主力である開発途上国型製品を果敢にあきらめ、先進国型製品に主に力を注ぐべきだという主張が出ている。産業研究院のキム・ドフン院長は「従来の世界1位製品のシェアを維持しようとして、新しく生まれた分野を軽視した」とし「開発途上国型の製品は中国に1位を譲っても、新市場と未来成長産業では1位になるよう事業構造を改編する必要がある」と述べた。モノのインターネット(IoT)・ビッグデータなど情報通信分野(ICT)の技術を高め、従来の製品の融合と関連規制の緩和を通じて新しい分野で世界1位製品を創出しなければいけないということだ。
(引用ここまで)

 これまで韓国が力を持ってきた製品について中国の技術が追いついてきてしまっている。繊維・鉄鋼・造船といった品目について、シェアを大きく削られてきて「世界一位製品」を持っていかれた。
 もはやそういった「開発途上型製品」を諦めて、「先進国型製品」に力を注ぐべき、と。

 ……韓国が先進国型製品を……ね。
 そこには最大の問題がありまして。
 規格を制定できるかどうか、ということなのですよ。日本もけっこう苦心している部分なのですけどもね。
 これまで寡聞にして韓国が業界を牽引してなんらかの規格を制定したという話を聞いたことがありません。
 他の企業が出してきた規格にいっちょ乗りして、アライアンスを組んで……みたいなことはいくつかありますけどね。

 何度も何度も書いてきたように、韓国ができることは中国にもできるのです。
 というか、中国は韓国の成長してきた経緯を「ベンチマーク」してきた節があるのですよね。
 リバースエンジニアリングばっかりやってるとか、それを諫めるためにWTOに加入させてですら知的財産権を無視するとか。
 そもそもいつまで経っても先進国になりきれない国が、先進国型の製品を主導しようとか片腹痛いのですね。

  IoTに関しては3年くらいから延々と「IT大国である韓国が有利だ」って言い続けているのですが、実際のものを見たことがありませんね……。