【グローバルアイ】48年前の「金の戦争」と日本のヘイトスピーチ(中央日報)
1968年2月20日、ぴったり48年前だ。日本・静岡県清水市のあるクラブで銃声が鳴り響いた。ヤクザの親分と組織員ら2人が殺された。猟銃を発射した犯人は在日韓国人2世の金嬉老〔キム・ヒロ、実名・権禧老(クォン・ヒロ)、当時41歳〕。借りた金を返せと脅迫していたヤクザが「朝鮮人、汚い豚野郎」と言って悪口を浴びせたことから怒りが爆発した。金嬉老の人生を押さえ付けていた差別と暴力、日本の警察の不当な待遇など苦い記憶が一気に胸を駆け上がったのだろう。

銃とダイナマイトで武装した金嬉老は警察の追撃を避けて45キロ離れた寸又峡「ふじみや旅館」に逃れた。旅館主人の家族と宿泊客をとらえて88時間の人質劇を繰り広げた。記者を呼び入れて会見をしたり生放送電話インタビューもしたりした。放送局のヘリコプターは山奥の人質劇をリアルタイムで中継した。日本人の目と耳がすべてテレビに集中した。当時の事件が日本初の「劇場型犯罪」と記憶されている理由だ。92年、韓国では『金の戦争』という映画が製作されて劇場で上映された。

金嬉老は「朝鮮人の差別を告発するために事件を起こした」とし「朝鮮民族を侮辱した警察は謝罪しろ」と声を高めた。結局、静岡県警察本部長が公開謝罪した。人質劇は報道関係者の間に混ざって進入した警察の逮捕作戦で幕を下ろした。無期懲役を宣告されて金嬉老は31年間の獄中生活を経て99年に仮釈放された。釜山(プサン)に居を移し、2010年81歳で亡くなった。

人質としてとらわれた旅館おかみの望月英子さん(77)は38年ぶりである2006年にソウルで金嬉老に会った。「今はすべて許せる」と話した。「殺人犯ではあったが私たち家族に被害を及ぼさなかった」とし「子供3人には申し訳ないと言って2000円ずつお小遣もくれた」とした。望月さんは2010年旅館の一角に「金嬉老事件資料館」を開いた。だが、宿泊客が次第に減り、結局2012年に廃業した。最近は建物も売却された。 (中略)

金嬉老の不幸な人生はこれ以上繰り返されてはいけない。差別は怒りを生む。和合の新しい時代を期待する。
(引用ここまで)

 いまだにまるでキンキローを「差別の被害者」のように描くとか笑止千万ですわ。
 ただの殺人者なのに。

 ちなみに記事にあるように1999年に日本から韓国に放逐されたのですが、その際に「日本人の差別に抗議した人物」ということで英雄扱いだったのです。
 金嬉老の人生を描いたミュージカルが上演される寸前になるほどに。
 でも、ミュージカル上演の数週間前に、不倫の上に相手の旦那を竹槍で殺そうとしたっていう事件を起こしたので上演取りやめになっています。あれは残念だったな……。
 ついでにいえば、その愛人の前に獄中結婚していたのですけども、韓国政府から支給された定着金を盗まれて逃げられています。
 このあたりのことも書かないと片手落ちだろうにね。

 そもそもこの事件を起こすよりも前に窃盗やらなんやらの犯罪を山ほど犯していたのですよ。
 それがエスカレートして殺人者となって、日本から放逐されて、韓国でも殺人未遂を犯したというだけの人物なのです。

 ま、逆に言ってみれば「韓国の英雄」であるユン・ボンギルとかカン・ウギュとか、ちょっと頭のおかしい輩だの爆弾魔だのテロリストだのしかいないのですよね。
 キンキローを否定することは、そのまま韓国の歴代の英雄を否定することにつながるわけですよ。
 英雄が犯罪者しかいないので、キンキローも英雄の範疇に入るのでしょう。

 さらに言うのであれば、こういう犯罪者を引き合いに出さなければならないくらいに「差別で苦しんだ人物」がいないってことなのでしょうね。
 他に適当な人物がいないのですよ。どれだけ人格の破綻した殺人者であっても、「日本で差別にあった」という自称さえあれば英雄扱いなのです。かの国では。