慰安婦合意の無効訴える集会 来月1日に各地で開催=韓国(聯合ニュース)
 旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意の無効を訴える集会が、来月1日にソウルをはじめとする韓国各地で開かれる。

 慰安婦被害者の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は24日、建て替え中のソウル・日本大使館前で慰安婦問題の解決を訴える「水曜集会」を開き、3・1節(3・1独立運動記念日)の来月1日を合意の無効化に向けた「全国行動の日」にすると宣言した。

 挺対協も加わり先月発足した「韓日日本軍慰安婦合意無効と正義の解決のための全国行動」が主催する1日の集会は、首都圏では午後3時からソウルの中心部で、地方では慰安婦被害を象徴する少女像のある各地で開かれる予定だ。主催側はソウルの集会への参加者が1000人を超えると予想している。

 一方、挺対協は水曜集会で、来月末にワシントンで開かれる核安全保障サミットを前に、被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが同6日に訪米することも紹介した。
(引用ここまで)

 いわゆる3・1独立運動にかぶせてきて、反日運動を展開しようということなのでしょうね。
 一年でもっとも反日の気運が高まる日なので、そこで一度リブートしようと。
 ちなみに祝日なので、参加者はそれなりに望めるはず。それでも一極集中のソウルで1000人超えていど。

 かつて「慰安婦合意に反対する運動は汎韓国にはなり得ない」というような話、ついで水曜集会への参加者が減っていることをピックアップしてきましたが、3月1日であってですら1000人ていどしか望めない。
 それでももう、挺対協としては「慰安婦合意を無効にしろ!」 というようにして運動を展開するしか方向性はないのですよね。団体の存続が、寄付金ビジネスがかかっているのですから。

 ちなみに韓国の野党である「共に民主党」が長時間演説で国会を空転させる手法に出てきています。
 慰安婦合意に反対という争点が国民的な運動になり得ない以上、一点突破はあきらめたっぽいですかね。

韓国はどこへ?
黒田 勝弘
海竜社
2016-02-15