THAAD:駐韓中国大使、公の場で韓国を脅迫(朝鮮日報)
中国大使呼び抗議 「THAAD配備なら関係破壊」発言で=韓国(聯合ニュース)
中国大使の発言に韓国政界が不快感 THAAD配備問題(聯合ニュース)
 中国の邱国洪駐韓大使は23日、韓国国会で野党「共に民主党」の金鍾仁(キム・ジョンイン)代表と会い、韓米による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に関連し、「この問題で中国の安全保障利益を傷つけるならば、韓中関係は否応なく被害を受けることになる。韓中関係を今日のように発展させてきた努力が一つの問題で一瞬のうちに破壊されることになりかねない」と述べた。同党のキム・ソンス広報担当が明らかにした。

 邱大使は「両国関係が破壊されれば、回復は容易ではなく、長期間かかる。軍備競争の局面が生じても、韓国の安全が保障されるかどうか、再考してもらいたい」と述べた。キム広報によると、邱大使は45分の会談の大半をTHAAD問題に割き、メディアへの公表の可否を尋ねると、「THAADについては公表しても構わない」と答え、国連の対北朝鮮制裁決議案や北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議をめぐる中国の戦略についても言及があったが、(その部分は)公表を望まなかったという。
(引用ここまで)
 韓国外交部は「金ホン均(キム・ホンギュン)次官補が邱大使を呼び、関連報道内容について議論した」として、「邱大使は(金代表との会談の)経緯や実際の発言内容、報道内容の正確性などについて誠意を持って説明した」と伝えた。ただ、邱大使に「抗議した」との表現は使わなかった。邱大使が遺憾の意を表明したかどうかについても明らかにしなかった。「邱大使は本事案の敏感性について理解を示し、駐韓大使として韓中関係の継続的な発展のため、さらに努力していくという趣旨の発言をした」という。
(引用ここまで)

   THAAD配備問題について中国が牙を剥き出しにしてきました。
 一昨日、配備問題についての米韓協議がドタキャンされました。その際に、韓国側からは「1〜2日ていどの延期で協議は再開される」というアナウンスをしていましたが、とりあえず今日までに再開の報道はない模様。

 22日に配備についての協議をドタキャン。
 23日に駐韓中国大使から「THAAD配備で中韓関係は一瞬にして破壊される」とコメント。
 24日に大使を呼びつけて抗議……といったところですか。

 韓国側は「なんでTHAAD配備を考慮しなければならないのか考えてほしい」って言っているようですが、そもそも韓国がここまで中国側に傾倒しなければTHAAD配備が問題になるようなことはなかったはずです。
 アメリカの影響力をすべて切ることもできないくせに、あそこまで継投したのだからそのリスクを抱えるのは当然だと思いますがねー。