【コラム】THAAD法規は「朝貢・冊封」関係への回帰の始まり(朝鮮日報)
 「ある国が自国の安全確保を図る場合、必ず他国の安全上の利益と地域の平和と安全を考慮しなければならない」

 これは韓半島(朝鮮半島)への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐり、中国が掲げる名分だ。もっともらしい主張で、韓国の一部知識人や左派が同調している。しかし、中国にはそんな主張を行う資格があるだろうか。 (中略)

 中国がアラスカ、日本に続き、韓国へと迫る米国のレーダー網を警戒することは理解できる。しかし、中国が北朝鮮の脅威にさらされた韓国の安全保障懸念を無視したまま、「韓国のTHAADは米国の中国監視用だ」と決め付け、あらゆる脅しをかけるというのは、責任ある国家とは言えない。

 事実、中国は数年前、自国の安全保障を大きく脅かす日本のレーダー配備には無反応だった。米日が2006年、13年に青森、京都に設置したXバンドレーダー(AN/TPY-2)は、探知範囲が2000キロメートルで、中国の黒竜江省、内モンゴル自治区、山西省から広東省までをカバーする。一方、韓国が検討している終末段階レーダーは探知範囲が800キロメートルで、中朝国境の鴨緑江から豆満江(中国名・図們江)が限界だ。その上、中国はこのレーダーが中国に向いているかどうかを衛星で把握できる。中国の韓国に対する圧力が脅威を誇張した「ハリウッドアクション」であることを専門家は見破っている。

 中国の荒っぽい行動は名分も論理も貧弱な「大国による小国いじめ」だ。それによって、韓国で反中ムードが高まることを知りながら、中国が声高に「THAAD阻止」を叫ぶことには、それ以上の「戦略的な狙い」があると考えるべきだ。それは韓国に「米国のTHAADと中国による経済的利益のどちらを取るのか」と苦悩させ、韓米同盟を弱体化させるとともに、果ては在韓米軍を撤退に追い込むことだ。 (中略)

 韓国政府は中国のTHAADに対する懸念を解消することに外交的努力を重ねるべきだ。しかし、中国が他の戦略的目標で韓国に圧力を加えるとすれば、原則と論理に基づき、堂々と対処すべきだ。韓国が中国に屈服し、THAADの選択権を放棄すれば、過去の「朝貢・冊封関係」への回帰が始まり、韓米同盟は解体の道を歩み出すことになる。THAAD問題は韓国の運命にとって大きなヤマ場だ。
(引用ここまで)

 むしろパク・クネによるここ3年ほどのの中国傾倒政策が「朝貢・冊封」体制への回帰だと思っていなかったこと自体が驚きです。
 まさか対等な外交パートナーにでもなるつもりだったんでしょうかね。
 中国は朝貢国として扱ってきたのにね。

 記事中にある日本へのXバンドレーダーの設置に対して中国がなにも言わなかったのは、言っても得がないから。
 それに比べて韓国に配備されるTHAADミサイルに対して文句を付けているのは「韓国ならなんとかなる」と思っているからに他ならないのです。
 なんとかなるし、なんとかすべき存在であると認識しているっていうほうが正確ですかね。

 Xバンドレーダーの設置に文句を付けても日米関係は揺るがないどころか、むしろ強固になる可能性すらある。
 でも、韓国に対しては強く言えば言うほど効果がある。
 ここでたとえTHAADミサイルが配備されたとしても、それが韓国に対しての貸しになると考えているのですよ。
 すなわち、「言ったほうが得になる」ので言っているのですね。

 中国共産党も台湾の総選挙に際して海峡へミサイルぶっ放した時に比べれば、ずいぶんと成長したものです。成長というか六韜の時代に戻ったと言うべきか。
 口先三寸でどう介入するかの塩梅が、かなり分かってきてしまっていますね。

 韓国は米中の両方から踏み絵を迫られて「でーいじー♪」となっているのが現状。
 これがパク・クネ政権による3年間の「均衡外交」の結果ですよ。

2001年宇宙の旅〔決定版〕
アーサー C クラーク
2013-07-17