製造業の景況感 4カ月連続で悪化=韓国(朝鮮日報)
【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が29日発表した2月の企業景気実査指数によると、製造業の景況判断指数(BSI)は63で、前月に比べ2ポイント下がった。昨年11月から4カ月連続の下落。リーマン・ショックの影響があった2009年3月(56)以来の低水準となった。中東呼吸器症候群(MERS)が流行した昨年6月より3ポイント低い。

 BSIは企業の景況感を指数化したもので、100を上回ると景気を良いとみる企業が悪いとみる企業より多いことを意味し、100未満ならその逆となる。

 韓国銀行は「製造業のBSIが下がったのは中国をはじめ新興国の成長鈍化で輸出が振るわず、日本のマイナス金利導入、北の長距離ミサイル発射による地政学的リスクなどで不確実性が高まったため」と説明した。

 企業類型ごとに見ると、大企業は前月から1ポイント下がり68、中小企業も6ポイント低い54だった。内需型企業は64で1ポイント下落にとどまったが、輸出型企業は61で6ポイント下がった。
(引用ここまで)

 いわゆる景況感ってヤツですね。
 景況感にはいくつかパターンがあるのですが、これは100が普通でそれ以下だと景気が悪い、それ以上なら景気がよいと判断されるというヤツです。
 韓国は現在、ウォン安に向かっていて貿易環境だけでいえば恵まれている状況なのです。
 にもかかわらず、企業による景況感が63。

 記事によるとリーマンショック以降で最悪の数字なのだそうですよ。
 内需関連企業だけでなく、輸出関連企業においてもそれほど変わらないということはもう輸出先がどうにもならないということなのでしょう。
 為替は多少の助けになるけども、それ以前に輸出自体がダメと。

 じゃあ、内需はどうかというと外需に引きづられるような規模でしかないのでほぼ意味がない。というより、投資規制撤廃による不動産プチバブルの後始末のほうが大変だっていうレベル。
 世界経済が現状のままだと韓国の景気はいまのままってところですかね。
 しかも、世界経済が立ち直ったとしても韓国経済の構造が変わるわけでもないし、人口ボーナスも終了している。
 いまはまだ「世界経済が云々」といういいわけができているだけ幸せなのかもしれませんね。