【社説】「雇用世襲」が明るみに出た韓国大企業労組(朝鮮日報)
 韓国の30大企業のうち現代・起亜自、大宇造船海洋、現代オイルバンク、LGユープラス、現代製鉄、韓国GM、大韓航空の8社は、労使の団体協約に「定年退職者や長期勤続者の子女を優先採用する」というような「雇用世襲」条項を設けている。この事実は、雇用労働部(省に相当。雇用部)の実態調査で確認された。

 現在の韓国の青年失業率は、この16年で最も高い10%に迫りつつある。未就業の若者は、きちんとした大企業に就職したいという一念で、就職の願書を数十枚、数百枚書いてさまよっている。こうした若者にとって、「雇用世襲」ほど怒りを呼ぶニュースもないだろう。

 もともと労働運動の出発点は、無力で貧しい労働者の権益を守ろうというものだった。ところが、いつの間にか労働運動が政治運動に変質し、今では労組員の既得権を固く守って代替わりまでさせる、「自分だけいい思いをしよう」という欲深さに汚染されてしまった。雇用部の資料によると、2014年の時点で、製造業分野の中小企業の月給は239万ウォン(現在のレートで約22万円。以下同じ)だったのに対し、大企業の月給は456万ウォン(約43万円)で、ほぼ2倍だった。大企業の労組は、多額の月給を受け取る「貴族組合員」の身分を子どもに受け継がせようとしているのだ。

 裁判所は13年と15年に「代を継いで雇用を保障するやり方はいけない」という趣旨の判決を下した。これにより66の公共機関が雇用世襲条項を削除したが、一部の大企業の労組は依然として問題のある条項を保持しているわけだ。雇用部は、大企業の雇用世襲条項を直ちに削除するよう是正命令を出し、履行しない企業については労使双方を処罰することを模索すべきだ。貴族労組の横暴をこのまま放置していたら、いずれ非正規職や青年失業層が貴族労働団体を改革の対象と見なし、闘争に突入する事態が発生するだろう。
(引用ここまで)

 いや、「明るみに出た」って……。
 以前から楽韓Webでも取り上げているくらいのお話ですが。
 まさに世襲制です。
 世代を超えて身分を固定しようと必死なのですね。
 それもそのはず。なにしろ、財閥系の正社員といえばそれだけで勝ち組。
 たとえばヒュンダイの組立工は正社員であれば年収が1000万円を超えています。

 超勝ち組。
 その超勝ち組の座はそのまま子孫に受け継がれるわけですね。
 つまり、その分の就職先が削られると。
 それを民間企業どころか、公共機関までやっていたというのは恐ろしいですね。
 韓国の場合は公共機関だからこそ、とも言えるかもしれませんけども。

 そして、ソウル大生は「金のスプーンがないと韓国人は負け組なのだ」と言い残して自殺。
 実際に世襲という形で身分の固定が21世紀になっても行われているのだからしょうがないですかね。
 大半の韓国人はこのことを糾弾するのでしょうけども、自分が同じ身分になったらきっと同じことをするのですよ。
 「革命」っていうのはそういう構造を常に内包していますよね。

“超”格差社会・韓国 扶桑社新書