慰安婦合意の履行を 韓国国会委員長が衆議院外務委員長に書簡(聯合ニュース)
韓国「被害者の要求最大限反映」 国連委の慰安婦合意指摘に(聯合ニュース)
 韓国の国会外交統一委員会の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)委員長は「国際女性デー」の8日、岸信夫・衆議院外務委員長に書簡を送り、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる両国の合意を順守するよう求めた。

 羅氏は書簡で、「日本政府は合意当時と違い、軍と官憲による慰安婦の強制連行を否定するなど慰安婦問題に対する責任から逃れようとする姿を見せている」と指摘、「日本政府の慰安婦動員の強制性否定に対する懸念と遺憾を表明する」とした。

 また、「合意には『慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やし』に関する内容が含まれている」として、「生存している44人の被害者の名誉と尊厳がまた傷つけられることは決してあってはならない」と強調した。
(引用ここまで)
 韓国の外交部当局者は8日、国連の女性差別撤廃委員会が韓国と日本政府による昨年12月の慰安婦合意について「被害者中心のアプローチがとられていない」と指摘したことに関し、「被害者と関連団体が要求してきた要点を最大限反映した」と述べた。

 同当局者は「合意の主な目的は被害者個人の尊厳と名誉回復、心の傷を癒やすことで、被害者と被害団体の意見を聞き、日本側との協議で被害者側の意見が反映されるよう最善の努力を傾けた」と説明。「今後、(合意の)履行過程で被害者と関連団体の意見を聞き、反映させるための努力を続ける」と強調した。 

 ただ、委員会の指摘に対し、岸田文雄外相が「日本政府の説明内容を十分に踏まえていない。国際社会の受け止めとは懸け離れており、批判はあたらない」として遺憾を表明したことについてはコメントを控えた。

 委員会は7日に慰安婦問題など日本に関する最終見解を発表し、日本の指導者や公職者が慰安婦問題に対する責任を縮小するような説明や言行で被害者を再び苦しませることがないよう、こうした言行を慎むことを日本政府に求めた。
(引用ここまで)

 国連女性差別撤廃委員会の勧告が韓国政府にもブーメランになっている、という話題。
 そりゃまあ、日韓の政府間で行われた合意なのですから、糾弾もされますわな。

 でもってもうひとつの記事は韓国の国会委員長が「日韓合意を遵守しろ」と岸外相に書簡を送ったって話。
 件の女性差別撤廃委員会で「強制連行を裏付ける証拠を見つけることはできなかった」って発言に対して、「裏切った」という認識のようで。
 日本政府が見解を違えたことは一度もないと思いますけどね。「軍による強制連行はなかった」っていう。
 それを問題とするのであれば、韓国政府に向けて話をしてもらわないとどうにもなりません。

 ま、そもそもこの女性差別撤廃委員会がトンデモなのは最終見解案に皇室典範を改正しろって入れて、さらに報告書では削除したっていう時点で理解できそうなもんですが。
 中国人委員がこれをやったとの話ですが、完全に逆効果ですね。

 日本人にとって皇室や天皇陛下というものに触れられることがどういうことなのか。
 イ・ミョンバクの行動の結果を見ていなかったのでしょうね。
 これまでこういった国連からの勧告を重く見ていた日本人は少なくないのですよ。「あの国連が言っているのだから」みたいな感じで。
 今回からはそれが逆に働くようになるでしょうね。「あの国連が言っているのだからw」と。
 本当になんでそこまでブーメラン大好きなのでしょうかねぇ……。

マネーショートの原作者によるレポート。ドイツ編はなかなか読み応えあり。

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる (文春文庫)