平昌五輪:センサー設置不正、気象庁職員の懲戒は「不当」=ソウル行政裁(朝鮮日報)
 ソウル行政裁判所行政6部(キム。ジョンスク裁判長)は7日、気象庁職員Kさんが「気象庁長官が下した懲戒処分(けん責)を取り消してほしい」として起こした訴訟で、「処分を取り消すように」と命じる判決を下した。Kさんは2012年から14年にかけ、平昌冬季五輪会場の詳しい気象情報を提供するための観測センサーを設置する事業を担当していた。この事業の実務担当者は12年1月、関連業者に入札の提案をした際、センサーの風速の測定範囲を標準規格(風速0−70メートル)に満たない範囲(0−60メートル)で公示した。

 契約を締結した業者は、1台当たり600万ウォン(約57万円)相当のセンサー10台を設置した。このセンサーの風速の測定範囲の上限は55メートルで、韓国気象産業振興院の鑑定も経ていなかったにもかかわらず、実務者が任意で鑑定を免除した。このような問題点が表面化したのを受け、気象庁は先月初め、「K氏が部下の職員に対する指導・監督を十分に行わなかった結果だ」として、けん責の処分を下した。行政裁は判決理由について「問題のセンサーは平昌五輪の運営に支障をきたすほどのものではないため、気象庁の懲戒処分は不当だ」と述べた。
(引用ここまで)

 ……えーっと、話を整理してみようかな。

 平昌オリンピックのために、詳細な気象情報が必要になった。
    ↓
 平昌に風速0-70メートルを測定できるセンサー設置を提案。
    ↓
 実務担当者、0-60メートルを要求性能と入札で公示。
    ↓
 落札した業者がセンサーを10台設置。
    ↓
 そのセンサーは0-55メートルまでしか測定できないものだった。
    ↓
 実務担当者、なぜかセンサー機能の鑑定を免除。
    ↓
 問題発覚で実務担当者とその上司がけん責処分。
    ↓
 上司が「いや、俺のけん責はおかしいだろ」と処分取り消し申請。
    ↓
 裁判所が「けん責は重すぎる」と判決。

 まあ、この上司が責任を負うべきかどうか。この判決が真っ当かどうかは別として。

 すごいのは伝言ゲームのようにセンサーの能力が削られて言っているところですよ。
 上限70メートルを提言されて、入札公示が上限60メートル。
 で、実際に納入されたセンサーが55メートルまで。

 以前のエントリで「韓国気象庁だけがお笑い韓国軍に対抗しえる唯一の組織」と書きましたが、面目躍如ですね。負の意味で。

 実際問題としては風速70メートルっていったら日本で記録されている台風の瞬間最大風速にほぼ等しいので、55メートルでも実務的には意味ないと思いますが。
 それにしてもなぁ……。

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか