「グーグルは謝罪せよ」=韓国人棋士の2連敗受け、韓国の弁護士が主張―韓国メディア(レコードチャイナ)
<世紀の対局>「アルファ碁が勝つしかない不公正ゲーム」(聯合ニュース/朝鮮語)
10日に行われた第2局に敗れて2連敗となったイ九段は、対局後「言葉がない。完敗だった」と呆然とした様子で語った。対局は5局行われるが、イ九段は2敗で後がない。

こうした状況を事前に予測していたのが、韓国のIT専門弁護士・田石鎮(チョン・ソクジン)氏だ。田氏は約1カ月前の2月9日にSNSで「グーグルが進めるこの対戦はインチキ。イ九段が5局すべてで負けるのは決まっている」と指摘していた。

田氏は、「アルファ碁は相手の手を予測して打つのではなく、相手の手を見てから次の一手を計算するため、本当の意味での人工知能ではない」としている。また、アルファ碁はネットを通じて無限に情報を収集できる点も指摘。「グーグルはアルファ碁にブルートフォース(すべてのパターンを計算して答えを出す方法)は使用しないとしているが、ブルートフォースを使用するプログラムがアルファ碁に情報提供をしている。これは反則だ」と主張した。

田氏は「グーグルはイ・セドルと世界の囲碁をする人々に謝罪すべきだ」としている。
(引用ここまで)
囲碁の実力が「アマ一級」であり、ソフトウェア会社も設立した経験があると明らかにしたチョン弁護士は「Googleがイ・セドルに10億をかけたが、Googleが勝てば、人工知能の分野で最も先立つ会社がされて時価総額が数兆ウォン上昇すると思われるけに、Googleが数兆ウォンをかけたゲーム」と「Googleが勝算なく数兆ウォンをかけたと考えることができない」と説明した。

最後に、彼はアルファ碁の開発会社であるグーグルがイ・セドル9段と全世界の囲碁ファンに謝罪しなければならないと主張した。

チョン弁護士は「Googleは囲碁とは数の無限の組み合わせの計算によるゲームとして考えてとんでもない方法で全世界の囲碁ファンを驚かせしようとしている」とし「アルファ碁が昨年10月大国で勝ったヨーロッパのチャンピオンであるファン・フイに謝罪する必要があり、イ・セドル九段を囲碁のルールに違反しながらなと言った試み自体にも謝罪しなければならない」と述べた。

それとともに「アルファ碁は囲碁の原理をマスターしたわけではない。伝統的な意味で見たときに人工知能でもなく、Googleは2600年間、人間だけがしてきた偉大なゲームである囲碁を侮辱した」と主張して、世界中の囲碁ファンに謝罪するよう要求した。
(引用ここまで)

 アルファ碁に謝罪要求はいくらなんでもないだろ。
 まーたまたレコードチャイナがふかしたんじゃないかな……くらいに思ってたら。
 甘かった。
 あれですよ。
 韓国は本当に最良の教師です。
 「思いこみはいけない」「常識を疑え」といったモットーを常に思い起こさせてくれるのです。

 別に「アルファ碁がやっていることは碁ではない」くらいはいいのですよ。
 「計算だけであって本質的な碁ではない」っていうのであれば、それはそれで論理としては通っている。

 でも、そこで謝罪要求が出てくるのが意味不明。
 上下関係を徹底しようという朱子学的発言ではあるのですが。
 いつまで経っても朱子学の軛から脱することのできない人たちだなぁ……というくらいしかないですかね。
 要するに「言っているだけ」であって、意味なんてないのです。
 二者関係だけであれば、相手にしないのが一番なのですね。

謝罪代行社 ハヤカワ・ポケット・ミステリ