20〜30代のコンビニオーナー増加 就職難が影響=韓国(聯合ニュース)
 韓国社会の就職難や雇用不安を反映し、20〜30代のコンビニエンスストアオーナーが増えていることが11日、分かった。

 比較的少ない資本で独立できる上、本社の運営システムや経営ノウハウを利用でき、特別な事業経験がなくても挑戦しやすいためだ。

 コンビニのCUによると、昨年1年間にCU本社とフランチャイズ契約を結んだコンビニオーナーのうち、20代が占める割合は前年の7%から9%に、30代は24%から27%にそれぞれ拡大した。一方、50代は28%から23%、40代は31%から30%にそれぞれ低下した。

 CUとフランチャイズ契約を結ぶ場合の最低投資費用は2270万ウォン(約220万円)で、さらに店舗の賃料(保証金を含む)を負担する。

 賃料の6割を負担し、毎月の純利益の4割を本部に納める契約方式の場合、5000万ウォンから1億ウォンほどあればオーナーになれるという。

 また、コンビニはここ数年間成長を続けており、ほかの業種に比べて失敗のリスクが少ないことも、コンビニで独立を考える人の背中を押しているようだ。

 韓国国内のコンビニ店舗数は、10年の1万6937店から14年には2万6020店に急増した。
(引用ここまで)

 構造的に面白いですね。
 青年層の失業率、雇用率が悪化しているからこそ、コンビニオーナーが増える。

 のび太が就職に失敗して自分の会社を設立したっていうドラえもん第1話を思い出させます。
 さて、韓国のコンビニといえば売っている弁当が貧相で有名……ではなくて。
 韓国のコンビニといえば、最低賃金を支払わないことで有名ですよね。
 んで、コンビニバイトはそれに対抗して、弁当を隠して消費期限切れを狙って持ち帰る

 ついでにいうとバイトのやる気がなくて、ソウルのごく一部ではちゃんと制服を着て勤務しているのですが、ほとんどが私服で勤務。勤務時間でも壁に寄っかかってスマホを見ている店員が大半。
 ニューヨークの移民バイトのほうがなんぼかマシ。

 そんなバイトに彼ら青年層は最低賃金を支払うのでしょうかね。
 就職できずに辛酸を舐め、おそらくは親戚から借金をしてフランチャイズのための契約金を用意した。
 コンビニバイトにくるような学生は明日の青年層。甲乙葛藤から解放して、最低賃金を保障するのか?

 ……晴れてコンビニオーナーという甲になれたのですから、バイトという乙を可能なかぎり搾取するに決まっているのですけどね。
 それが韓国というものです。

 ちなみに2014年の段階でも前年比でコンビニが56%増加で、飽和状態が危惧されていました。

セブンイレブンを超え客単価日本一!中小企業だから仕掛けられるマーケティングの大技〜ローカルコンビニチェーン経営者の視点は「日本人の心を残したい」〜