韓国の定住外国系青年の20%がニート(ハンギョレ)
 定住外国系住民家庭の青年層(15~24歳)の子ども5人のうち1人は、学校に通うか、仕事をしていない「ニート(NEET)」状態にあることが分かった。定住外国系住民家庭の子供の数は最近10年間で8倍ほど増えたが、韓国社会に適応できない人たちが多いものと解釈される。政府は、多文化幼稚園を現在の2倍に増やし、学校への適応を支援する予備学校を増やすなど、定住外国系住民家庭に対する政策を、結婚移民者定着支援から子供支援に移して行くことにした。

 9日、政府は黄教安(ファンギョアン)首相主宰で第12回多文化家族政策委員会を開き、こうした内容を含めた定住外国系住民家庭の子供への支援総合対策を審議した。政府は「2006年4月に初めて社会統合支援対策をまとめてから10年が過ぎているので、今後は成長の周期別の子供への支援政策を推進することに重点を置く」と明らかにした。

 定住外国系住民家庭の子供の規模は過去10年間で大幅に増えた。満18歳以下の子供の数は2006年の約2万5000人から、昨年は20万8千人に増えた。このうち小中高校に通う生徒は昨年基準で8万2536人になり、全生徒数の1.35%を占めた。小学生での定住外国系住民家庭の割合は初めて2%を超えた。

 定住外国系住民家庭の学業中断率は1.01%(2014年基準)で、全生徒数(0.83%)に比べ高い水準だ。女性家族部が「2012年全国多文化家族の実態調査」の原資料を分析した結果では、家庭の事情、友人・先生との関係、韓国語の問題などが学業中断の理由に挙げられた。また家族形態では再婚家庭の割合が高く、家庭環境から来るストレスも大きいと女性家族部は説明した。

 特に15~24歳の定住外国系住民家庭の子女のうち20.3%(2012年基準)は、学業や就職、職業訓練などをしないニート状態だった。外国で育ち、親の再婚を機に韓国にきた「中途入国子女」に限定すると、ニート率は32.9%に上昇する。2014年時点で韓国の15~24歳の全青年のニート率は14.5%ほどだ。
(引用ここまで)

 ハンギョレ記事だけだとなにがなんだか分からないと思うので補足をしておきましょう。

 ここでいう「定住外国系住民」というのは、要するに大半は外国人妻のことですね。
 韓国でいうところの「多文化○○」というのは、外国人妻への福祉やらなんやらを扱っている場合がほとんどです。
 中には外資系企業の重役クラスやら韓国企業からヘッドハンティングされてきて韓国に住んでいる外国人もいるでしょうけども、全体の数パーセントではないかと思われます。
 大半はベトナムの国家元首である主席から「ベトナム人を人間として扱ってくれ」とまでいわれた、あのベトナム人妻が中心です。
 ちなみに在韓ベトナム大使からも、ベトナムの外務報道官からもいわれています。すごいですね。
 まあ、最近はベトナムから締め出されて主な市場はカンボジアに移ってたりもするのですが。

 そういった東南アジアから労働力+子供を産む機械として連れてこられた人の中には連れ子がいる場合もあるのですね。
 もちろん、韓国に来てから産んでいるという場合もあるでしょう。

 で、そういった「定住外国系住民家庭」の子供のニート率が20.3%(2012年基準)。
 連れ子の場合だと32.9%。
 韓国の平均的なニート率が2014年で14.5%、2013年で15.6%であるのに比べて、明らかに高いですね。
 ついでに書いておくと日本のニート率は4.6%(2014年)でOECDの中でもかなり低め。

 というか、連れ子の場合でニート率が32.9%というのは意外なまでに低いですね。
 韓国の外国人差別というのは、前述したように人間扱いされないほどに苛烈ですから。
 2/3がなんらかの形で就業、就学しているというのはむしろ驚きです。
 意外と福祉の手が差しのべられているのかなぁ……。

なぜベトナム人は痩せているのか 炭水化物が好きな人のための分食ダイエット