「ウォン安=輸出増」崩壊で苦しむ韓国 中国頼り過ぎた代償、市場反応厳しく(産経WEST)
「通貨安=輸出増の公式が崩れている」

 3月に入り、こんな指摘が韓国メディアで目立つようになってきた。

 足元の3カ月間でも、ウォン相場は1ドル=1150ウォン台から1230ウォン台へと7%近くウォン安ドル高が進行。ウォン安は、輸出を牽引するとみられていたが、ふたを開けると、期待は大きく裏切られていた。

 韓国経済新聞(日本語電子版)によると、韓国政府が発表した2月の輸出額は前年同月比で12%下落し、過去最長の14カ月(1年2カ月)の減少。米ITバブル崩壊の打撃を受けた2001年3月から2002年3月までの13カ月連続を更新した。

 ただこれは、ある意味当然である。

 韓国の大得意先となった中国の懐具合がきつくなってきて、以前より、モノを買う余裕が乏しくなっている。なにより、ウォン売りを引き起こす背景にこそ、中国の景気減速があるからだ。 (中略)

 「ウォン安=輸出増」というテコ入れモデルが通用しなくなったのは、中国頼みの成長路線の代償でもある。
(引用ここまで)

 まあ、それもそのはずで。
 これまでのウォン安シーンというのは通貨危機的な側面が大きかったのです。
 その場合、往々にして通貨として弱いウォンは叩き売られて、かつ安全資産とされている円が買われているというようなパターンを描いていたのですよね。
 それの極端な状況だったのがリーマンショック後のグレートリセッション期……ってすでに終わっているような書き方ですが、まだ終わってないか。

 グレートリセッション後の2〜3年がそういった時期でした。
 1USD=1500ウォンくらいまで叩き売られた上で、円は1USD=80円とかいうとんでもない状況。
 輸出経済がかぶっている(というか韓国がかぶせてきた)日韓で競争力に差が出て当然だったわけです。
 おまけに民主党政権が円高是認で一歩も動かない。

 その間、韓国としてはこの世の春を謳歌しまくっていたわけですよ。
 ここで「我々の製品には競争力がついたのだ!」なんて勘違いしたのも大きかったですね。
 2010年に中国の不況対策であった公共投資に対して中間材を売りまくって、6.5%なんていう経済成長をしてしまったのも逆に仇になったかな。「なにもかも中国任せにすればいいんだ」みたいな勘違いが蔓延してしまった。

 今回の中国が震源になっている世界不況では日本が金融緩和に出ていて円高に振れても113円前後。
 おまけに中国は内需拡大に方向転換していて、自国のインフラはできるかぎり自国で生産する方針。
 これじゃ中国を大のお得意にしてきた韓国が伸びるわけがない。

 たまごをひとつのバスケットに入れすぎたツケが廻ったってところですかね。

2020年の中国―「新常態」がもたらす変化と事業機会